日記

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2017年10月7日(土) はー…

 激動の数年が終わりまして…やっと、日常が戻ってきました…。
 日常って、いいよね…。そういうのを感じられるようになっただけでも、
 良い経験だったのかもしれませんな。ってか、良い経験にしないとやってられん。


 さて、穏やかな土曜日が戻ってきたので、昼間っからビールを飲みながら、
 Judy and Maryなんぞを聴いております。JAMはいいよね…ロックだけど優しい。
 夏の終わり、秋の訪れの虚無感を慰めてくれるような優しさに満ちている気がします。

 JAMを聴いていると、さくら学院を好きになったワケがなんとなくわかるんですよ。
 彼女たち(運営も含む)と、自分に流れる血の温度が似ている、見ている世界が同じだと。
 湾岸ミッドナイトで、逢えるワケは同じ時間に同じ事を同じアツさ考えている…というのがあって、
 それを強く感じるんですよね。2015年9月末、しらさきがJAMとさくら学院は似ている、
 って言ってたけど、きっと見ようとしている世界が近くて、その感覚を共有しているんじゃないかと、
 そんな風に思っているんですよね…。

 正直、自分が思うより長く、自分が思うより熱くさくらへの情熱が続いているのも、
 そんなワケがあるのかもしれないなぁ…と思ったりしています。結構、こういう共有する熱量って、
 簡単に共有のキッカケが無くなっちゃったりしますからね。表現的には「冷める」なんでしょうけど、
 それよりむしろ、見ている先が変わり空気を共有できなくなった…ってことかと思うんですよね。
 幸いなことに、まだまだ、さくら学院のそんな時間は訪れてないな…と。

 酔っぱらいながら書いているので、後から読んだら何書いているんだかも知れませんが、
 まぁ、そんなことを想っています。2017年の10月初めです。

2017年10月9日(月) 夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2017年度 秋学期試験 レポ・前編

 当日は珍しく早く会場に到着、物販に。
 今回は売り物のバリエーションが少ないためか、すぐに列が捌けて…ならんで20分程して自分の番。
 記念にタオルとリストバンド…と、それだけでは寂しいな、と気紛れで、生徒証を1枚だけ購入。
 中身は美空ちゃんでした。ふむ。…しかし、こりゃ1枚買うと推し出るまで買いそうだ、怖いw

 ほぼ定時に入場開始。
 自分は500番代といつもながらO-EASTと相性悪く、今回もステージの詳細な様子はあきらめモード。
 入場し、いつもの定位置(上手側柱前)に向かおうとしてたら、PA前で知り合い父兄さんに声をかけられ、
 そこで見ることに。秋学期試験なので、父兄さんとコミュニケーションとりながら参加出来るのもいいすよね。

 5分前。そろそろかなー…と言っていると、影ナレ開始。
会長「みなさーん!こんにちはー!!」
 お、愛子様!
 ぅおおお!という叫びが一旦落ち着くのを待って
会長「…えー…」
 …?
会長「生で!影ナレ…お送りしております!」
 おおおおお!
 最初から面白い嗜好を入れてきますねw
 そして、そのまままずは諸注意へ。しかーし…
会長「〜してください!」
 すると…
父兄「はーい!!
 …wフロア、返事したwこれはレアケースだ!しかも
会長「ぉお!?wいい返事ですね」
 影ナレでコミュニケーションしとるw
 この後、一つ一つの諸注意に対して会場が「はーい!」と応えるフォーマットが確立。
 そして、どんどんエスカレートし、
会長「避難誘導灯を消灯しますので、各自、避難経路を確認してください」
父兄「はいっ!」
会場「確認しましたかー!?」
父兄「はいっっ!!」
 念押しされたぞw
 このやり取りに会場はヒートアップ!
会長「間もなく開演しまーす!
   みなさん、楽しむ準備、できてますかぁーー!!!」
 うぉぉぉぉぉ!!!!
会長「以上!愛子でしたぁぁ!!!」
 うぉぉぉぉ!!!

 生影ナレということで大いに盛り上がり、数分。
 この、客席が「はい!」って返事するのが定番になるのかな?KMAのクラップみたいに…とか雑談をすると、そのKMAが開始。
 来ましたね…この瞬間!加速するクラップ。そして…サビのボリュームアップと歓声!!
 始まった…!!

 キーンコーンというチャイムに乗せて、下手奥から斜め一列になりステージに躍り出る影。
 !先頭はめぐだ!他の学院生も、小走りにそれに続いてステージへ…待ってたぞ!
 服装はTシャツ、それに夏スカート!そうだ!俺達の夏は終わっていなかった!!(謎

 一旦整列すると、各自がフォーメーション位置につき、後ろを向きます。これは…

1.チャイム
2.HANA*HANA

 そう、今日は残念ながら病欠3人なわけですが、ステージ上の9人は2016年度以前からの在校生。
 チャイムは転入式でも演った曲ということで、流石の出来。まりんの♪何話しているの〜、に
 キュン死しながらつぐの可愛さに見惚れるというDDっぷりを発揮しながら、久々に精一杯手を振りますw
 そして、曲が終わると
岡田「それでは、次の曲ぅー!!」
 と促し、HANA*HANAへ。2013年度のアンソロジーを彷彿させるセトリに歓喜です。

 ちなみにこの曲は、9人故にフォーメーションを急遽なのか変えてきた感ありました。
 ハチは3組。
 「藤平ー会長ー日」「麻生ー岡田ー有友」「新谷ー岡崎ー森」
 で、センターはめぐでした!今日は朝から大活躍じゃのぅ!!

 しかし、この9人フォーメーションは大変らしく、サビで前方に全員揃うときは、
 ゆづが上手奥から下手手前へ猛ダッシュし、さらに次のフォーメーションのため、
 また猛ダッシュで戻っていくという、2015年度ベリシュビッッの五代目のような動きを見せてました。
 大変だったね…。そんなサビは「有友ー岡崎ー麻生ー新谷」という珍しい布陣!
 新世代を感じさせましたね。実にパワフルなHANA*HANA、最高でした…。


■MC1 どんぐりーず

 曲が終わると一旦掃け、その後、つぐ、もえほ、かのがステージ中央へ。並ぶと…
3人「私達!『どんぐりーず』でーす!!」 
 と、MCをはじめ、今日は久々のワンマンライブです、とつぐが繋ぎます。が。続けて
藤平「今日は3人が欠席となりました…」
 …ん。
藤平「12人でのステージを楽しみにしていた父兄さんには、申し訳ないことになりました…」
 …そんなん言わないでくれ…。…シーンとなる客席…。
藤平「(でも)3人の分も背負って、顔笑っていきます…!」
 ん!
 華乃の言葉、みんなに伝わったと思う。
 3人もそう願ってるに違いない。出来ることは盛り上がること。顔笑ろう!!

 改めて、秋学期試験です!!
 どんぐりーず、仕切り直します。そう、そのテンションで行こう!
森萌「秋学期試験ということでぇ〜、特別にぃ〜メンバーの秘密を暴露したいと思います!」
 なんか無い!?
 と二人に問いかけると、左右、はいっ!はいっ!と挙手。すると。
森萌「じゃぁ〜…ありとも!」
 …もえほの「ありとも」って呼び方、良いですよね(謎
有友「今、メンバーは、コンビニの三色団子にハマっている…!」
 と謎の暴露。すると、それを受け、コンビニのお団子は和菓子屋のお団子とは違う、
 味はどこのコンビニも変わらないじゃないですかぁ〜、ともえほ。…和菓子屋…っすか。
森萌「でも!かのちんが、違ってるっていんですよ!!」
 この子の味覚はオカシイんすわー!という感じでw
 が、キョトンとした華乃てぃ、客席に向き直すと
藤平「…?違いますよねぇ…??」
 問いかけます。
 …が、客席は苦笑…だって、食べ比べたことないし…。
 しかし、食い下がるもえほ。絶対おんなじだよー、といい対抗wすると
有友「じゃあ、今度、かのちんに目隠しして食べてもらおうよー」
 それだ!
森萌「でも、ここでは出来ないのでぇ…日誌か何かで結果をお伝えしたいと思いまーす!」
 待ってるぞー。

 そして、頃合いということで、父兄さんの声が聞きたいなー、と客席煽りへ。
「まだまだ、盛り上がれますかー!?」
「もっともっと、声出ますかー!?!?」
「もっともっと、盛り上がれますかぁ!?!?!?!」
 うおぉぉぉぉ!!!
 加速度を付けて盛り上がる客席の声のなか、他のメンバーもステージに戻り…

3.Hello IVY

 こちらも転入式でやりましたね。最初のフォーメーション、センターが
 「日ー有友ー藤平ー森萌ー新谷」
 になっているのが、隔世の感があります。これがBメロの中央奥、
 「日ー藤平ー会長」
 になるんですね。しかし、初めて気づいたんですが、この段階でもう華乃、跳び箱乗ってるのかw

 フラッグを全力で振り、一旦学院生はステージから掃けます。すると…

■秋学期試験!!

 左右のステージに映像が再び映しだされ4名が上手から登場、中央前方に
 「麻生ー岡崎ー会長ー岡田」
 と並びます。生徒会ですね。手には何やら台本?…森先生が持っている出席簿みたいなのを持っています。

岡田「ついに!この日がやって来ましたぁぁ〜!!」
 明るいながらも振り絞るような声!
 いやほんとに、やって来ましたね!!客席も歓声で応え、いい反応をみせます。
 するとすぐに
岡田「みんなぁ!おいでー!!」
 早速呼び込みます。わーっと、下手奥から駆け込む学院生。
 新谷、有友、日、麻生、岡崎、会長、岡田、藤平、森萌
 の順に一列に。全員揃ったところで
岡田「さぁ!3年ぶりの秋学期試験でーすっ!!」
 うぉぉ!
岡田「待ってたよー!という方、いらっしゃいますかー!?」
 父兄、歓声で応えます。そりゃ待ってたわー!
岡田「ちなみに、3年前の試験、参加したという人、いらっしゃいますか!?」
 父兄挙手。
 でも、大体1/4ぐらいな感覚ですかね。うーん、変わったなぁ。

 試験に先立ち、諸注意。
 モニターに禁止事項が映されるのですが…
 ・ケータイ見てはダメ
 ・カンニングはダメ
 ・ズルいことはダメ
 その一つ一つ、ダメ…というタイミングで
全員「ダメ、ゼッタイ」
 とBM…w
 これは、前回もありましたねぇwにやりとしてしまったですよ、別の意味で。
 そして、そんな先輩を感じさせるやり取りにニヤニヤする雰囲気に、何を思ったかひゃくこ、
岡崎「ズルがバレたら、バケツに水溜めて、廊下に立ってもらう!」
 …ま、また微妙なことを言い出したぞw
 どうリアクションしたらいいか分からない父兄を置いて
麻生「廊下って、どこだろうね?」
 絶妙な助け舟を出しておりました。ナイス真彩!

 ここで、あのお方を…ということで、森先生を呼び込むことに。
 すると森セン、上手からひょこっと、それこそスッと出てきたかと思うと、
森林「どもー。では、皆さん、行きますよー!」
 と、いつも通りアレをやるのかと思いきや…
森林「おっはー!!
 www
 やりやがったwww
 みんながモヤモヤしてたのを、一気に解消してくれたわーwww
 照れてるのか、笑いながらぐにゃっと体をクネクネさせるめぐw
 そして、それをからかうかのように、おっはーおっはーを小さく続ける愛子様w
森林「いやー、ね!?私、バーター狙いますよ!朝の帯番組、出たいです!!」
 メチャクチャ言い出したw
 それに加え
森林「それとなんですか!?あれ、ほら…グッズ、森センスティッカーですか!?バカ売れだって!?」
 どうだ、すげーだろ!!
 イキナリのドヤ顔モードww
 確かに、スティッカー売り切れてたわw
 調子に乗るw森センに
岡田「ちがう!あれ、森先生じゃないのー」
 …微妙なことをw
森林「え!?違うのか!?あんなバカ似なのにか!?」
 なんなんだこのテンション…wしかし、少し落ち着いたのか
森林「まぁ、今日の私はね、サポートMCなんで。まぁ、カトパンです。あの位置」
 と宣ったのち
森林「中3の3人でね、進行してください」
 !!!
 あーっ!!という学院生。
 生徒会だよー!というひゃくこを受けて
麻生「…まあや、泣いちゃう!!」
 ぶー!!
 イキナリ非難を浴びるモードへw慌てて森セン
森林「あ、生徒会で!生徒会でね!?」
 と言い直し
森林「スイマセン。グッズで浮かれております…」
 ん、正直でよろしいw

 で。早速試験。試験はモニターにルーレットで表示され、学院生の合図で止まる、と。
 ○✕で応えます。まず1問目!

Q1:校則の
   「大切なのはどれだけ沢山のことをしたのかではなく、どれだけ心を込めたかです」
   は、ヘレン・ケラーの言葉である。

 下手✕もえほ、上手○まりんが父兄を回答エリアへ誘導します。
 シンキングタイム1分。答えは…「✕」。これは、マザーテレサの言葉でした。
 1/5ぐらい落ちましたかね?しかし、意外と多い正解に、みなさん勉強すごいですね、と。
 まぁ、基本問題だっただろ?と言い放つ森先生。そして…
森林「実際、ヘレン・ケラーは何て言ってたんだ?藤平!?」
 賢い藤平キター!!
 いきなりの無茶振りに、華乃てぃ…少し考えて
藤平「自分の命は自分で守れ!!
森林「ソルジャーじゃぁねぇんだよ!!」
 ナイスツッコミw
 こりゃアカンと思ったのか、じゃあ日は?と。すると
日「…『自分を磨け?』」
 …トホホ。あーあ、という雰囲気の森セン。
 そこに追い打ちをかけるように、進行あるんでー…という雰囲気でめぐが巻きをいれます。
 …。
森林「…巻け巻け…って…俺に巻きを出すの…勘弁して…」
 ショボーンとしておりました…(苦笑

 ちなみに、この問題で脱落した人は少なかったのですが、その方々はこの瞬間だけ、
 前方に行くことができまして。
森セン「この一瞬だけ、最前へ!この瞬間だけ楽しめる!そういうのもありですな」
 とのことw

 そして、次の問題のルーレットストッパーはまりん。止めた問題は…

Q2:「顔笑れ!」のMV、田口華は第7走者である。

 !!
 キタ!!俺が最も得意なやつだ!!俺が走ったことを知っている父兄さんも、どう!?と。
 これは○!上手の○エリアに進む…だいたい1/4ぐらいか?そして…答えはやはり「○」!
 よっしゃ!!答え合わせはMVのダイジェストを見ながら。…でも、実はこのMV、
 殆ど華くん映って無くて、どこらへん走っているか分かりにくいんですよ。最初にちらっと映る、
 ルート図を見るしかないんですよね。かなりのマニアック問題だと思います、実は。

 ここで少し裏話。
 もう走ったことあるの愛子様だけ、という話になり、当時の感想を…と促されると
会長「らうちゃんとかが、小5だし一番短いのって選んでくれたんだけど…。
   実は伴走してくれる人がルートを間違っちゃって、倍ぐらい走った…」
 ありゃまw

 そこで森先生。もう、みんな走ったこと無いんだし、もう1回やれば?と提案。
 やりたーい!!と積極的にアピールしたのは真彩。うん、いいね!しかし…顔をそむける人が1人。
森萌「……」
 一番上手側で、下に向かって視線を落とし話題をやり過ごしますw
 抜け目なく発見した森セン
森林「なんだ?やりたくないのか?」
森萌「…んー…(意味:やだ」
 めちゃくちゃイヤだ感を漂わせてましたねw
 なんだお前、みんながやりたいって盛り上がってるのにwとつっこまれてましたな。

 話題は変わって、そういえば!と話を切り出しためぐ。
岡田「そうだ!朝!華ちゃんにメールもらったんだ!顔笑れって!!」
 おお。
 尻を触ってくれる人から(おかしい
森林「それは、あれか?おっはー!の方?」
 ちがうちがう、ちがうの、ライブの方ー!
 …しかし、頑なに話題にしたがりませんね。なんでだろ?まぁ、ここはさくらの場だからか。

 そんな感じでQ2終わり。結構絞られた感じがします。前方で言うと6列ぐらいかな?
 ここで
森林「新谷、どう?(客席)数えて」
 無茶振りw
 しかしー!
新谷「あ、あと、3人ぐらいですね」
 …w
 だけど、なにがどう3人なんだよwとか被せてつっこまれてましたw

 そして…Q3は…やっぱり来ました!

Q3:対決!LOVE2!反復横跳び!

森林「因縁のライバルー!!」
 それかw
 さくらなら、親友でライバルぅぅぅ!!って言ってよwでもまぁ、分かるケドw
 アナウンスされたとたん、顔を見合わせる二人。そして、その横で「来ましたぜぇ」とばかり、
 シャドーボクシングばりにシュッシュ!とパンチを繰り出すもえほw面白いw
 前回は走ったけど、今回は反復横跳びしてどちらが勝つか!?と。

 …これは迷ったですよ。
 前回は愛子様に賭けて脱落した俺、今回もまた忠誠を誓うか、それともめぐに行くか。
 全然予想がつかなかったのですが…正直、ご祝儀も兼ねて自分はめぐ、下手へ移動。
 ここで、一緒に行動していた父兄さんと別れます。お互いGood Luck!!

 森センに促され、生徒たちも分かれます。
 会長:岡崎、日、藤平
 岡田:麻生、新谷、有友、森萌
 生徒予想はめぐ有利。まあやに理由を聞くと、足が速そう、と。しかし…
岡田「え…めぐ、走るの苦手…」
 …ぉいぉい。
 しかし。しかしだ。ここで
会長「リハーサルの時は私が勝ったんだけど」
 !
 大丈夫だ!ハードルを下げ相手を油断させるのは、めぐのいつもの手法だ(ぉい
 さあいけめぐ、実力をだせ!w
 ちなみに、ひゃくこに理由を聞いたら「…数のバランスをとっている…」ぉい。
 これには愛子様、オコでしたね(苦笑

 で、めぐ。スタート!
 軽やかに左右に舞います。途中から湧き上がる、めぐコール!めーぐ!めーぐ!!
 俺も必死に応援し…結果!跳んだ数、134回!跳びきれなかった数、10回!
 ネット回数124回!うん、最後バテ気味だったけど、顔笑った!ぐっじょぶ!!

 そして、愛子様。
 愛子様には、応援も凄かった!あーいこー!!あーいこー!!
 Aikoコールが会場を包む中、必死で左右に舞う!途中、勢い余って前に出てしまい、
 慌てて戻るようなところもあったけど、必死に飛ぶ!跳ぶ!そして…!!

 終わると…。数えていた真彩と華乃が、興奮しながら何かを相談。
 森センに、大丈夫か!?と促されつつ結果を発表すると…なんと!
 飛んだ数、134回!134!?同点じゃないか!!!…しかーし。まだ終わらん。
 飛べなかった数…なんと、4回!ネット130回!愛子様勝利!おめでとう!!

 …ぐあー…まけたー…脱落。
 前回も対決問題で脱落しているので…(;´д`)トホホ…。
 で、まずはめぐからインタビュー。どうだった?という森先生に
岡田「あーあ!!負けちゃったよ!!小6では勝ってたのにぃ!」
 愛子様の本気が勝りましたな(苦笑
 でも、やっぱりギリギリのライバルな二人w
森林「次は、卒業式での殴り合いですかね…」
 w
 ちなみに余談ですが、小6で対決したとき、森センは「お前らこれいつまでやるんだ!?」と、
 二人にツッコミいれてたんですよ。…結局、卒業間際までやりそうですね?w

 さて、自分は後ろに下がり、純粋に楽しむモード。
 最初の問題で間違った方は2階にあがり、2階最前で見ています。
 そういう楽しみ方もありですな、とは森セン。確かに。

Q4:めぐ日誌「お城探訪」で、最初の浜松城の時、次に行きたいといったのは松本城?

 ×担当下手ゆず、○担当上手まりん。
 ここは、大体半分ぐらいに分かれました。
 で。回答確定後、まりんに「(○の人)自信があるか聞いて?」と促されたのですが、
 ここで何をおもったか…まりん、
日「なんで!?」
 心底、なんでそんなことを!?とw
 他の学院生みんな、…な、なんで!?って…と思わず絶句。会場も絶句。そして苦笑。
 が、その雰囲気に状況がつかめたのかすぐに、
日「○の人、自信ありますかぁー!?」
 …分かってるんじゃないか(苦笑
 相変わらず不思議な娘さんだ(苦笑

 で、結果は×。答えは竹田城でした。
 スクリーンに映し出された答えの日誌を見ながらめぐ、
岡田「これ、TIFのあと、ホテルで書いたやつです」
 と言い
岡田「写真、小6より前のなんですよ(フフフ」
 と怪しげに笑います。フフフ。
 まぁ、それはそれとして、結局行ったことあるの?という森センに、まだないんです、と。
 日本のマチュピチュというところだし、いってみたーい。まだ行ったことないとこ、
 いっぱいあるんですよー、姫路城とかー、と一気に城方面に話題が傾いていきそうにw
 森セン、苦笑しながら止めておりました。

2017年10月10日(火) 夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2017年度 秋学期試験 レポ・後編

 ここで!
 いきなりモニターに映し出される職員室からの指令の由。
 ステージ上でザワつく学院生。そして、発表される「抜き打ちテスト」実施。
 ステージ上の学院生は、もはや凍りつく状態…(苦笑

 が、お題は…日、森萌で

Q4:校長の似顔絵対決!

 これも、前回ありましたね。
 どんな理由での抜擢かわかりませんが、なんとなく期待できる二人です。

 早速意気込みをインタビュー。どうよ?と問う森センに
森萌「えっとぉ〜…特徴は頭に入ってますのでー…!」
 頭に入っているとまで言い切った!
 すげぇな!!続いて
日「結構……ん…分からないけど、顔笑ります!」
 まりんは絵上手だけど、抽象的wに人間を見てそうだからな(汗
 もえほは転入時、絵描きキャラだったけどその実力が見れてないので、勝負は分かりませんな。

 で、残る学院生にどうよ?と聞くと
麻生「ももえかな…だって、去年の学院祭で秋桜やったとき、そよとお絵描き部ってやって、
   あの時の絵がめちゃ上手かった!!」
 細かいところを見て、ちゃんと覚えてますね。流石です。

 いよいよ勝負。よーい!でスタート!ふたりともスケブにマジックを走らせます。
 …若干茶々なんかも入れつつ進行し…はい、そこまで!
 が。
 まりんが全然終わっておらず、これじゃ勝負にならないと森セン、若干の延長戦へ。
 時間を伸ばしていよいよ終了!しゅーりょー!!
日「いー!?」
 …不安ある叫びです(苦笑
 一方
森萌「…ちょっと、自信あります!」
 …すげぇw

 まずはモニターに正解…つまり、倉本校長の写真を表示してから、講評に移ります。
 で、評価。まずはまりんからクルッとスケブを回転させ、自身の絵を公開。
 …おぉ!似てる!!いいじゃん!上手い!!
 が。
森林「…これ、ジョン・レノンじゃねーか…」
 …ま、まぁ、見えなくない(苦笑
 この日10/9はレノンの誕生日だったので、憑依してしまったのかもね、まりんだからw
 (どうでもいいですが、レノンの命日は12/8…さくらのデビュー日ですね)

 続いてもえほ…。はいっ!
 …!うまい!すげーうまい!!漫画っぽいけど、特徴を上手に捉えている!!
 そりゃ自信満々になるわ…。えっへん、という態度も理解できる。素晴らしい!!

 結果、まりんも上手ではあったけど、もえほの勝利!!おめでとう!!
 ここで、大体、勝ち抜いた父兄が絞り込まれつつあり、次の問題が最後、ということに。
 …どうなるか!?

 というか、どんな問題かな?と思っていたら、めぐが
岡田「前回、中3が『Graduation』を書けるかという問題があったので『Identity』が出るかと思って」
 と。
岡田「ただ、(確認)やらずに出てきちゃったんだけど(笑」
 !これ、俺が想定問題として発表してたやつと同じ。似たようなこと考えますねw

 そんなことを話題にしつつ、学院生は一旦整列。
 中央に「会長ー岡田」と立つと二人、…あれ?ん?あれ?と??になり、その後二人で爆笑。
 …??なんだったのか…まぁ、楽しそうで良かったですが、まぁそんなイチャイチャもありつつ、
 お題発表!

Q6:全員フラフープ!1分間回せるか!?

 とのこと。5人以上回せたら成功!だそうで。早速父兄、○✕に別れます。が。
森林「これ、✕の人は…『落とせー!』って思ってるんですね?『新谷、落とせー!』とか」
 …酷い事をいう(苦笑
 ってか、ゆづ、いじられまくりですな(笑
森林「逆に○の人は、信じてるんですね」
 ん。
 愛子様は「信じてぇー!」と若干叫んでおりましたw

 さて、ここでPAさんが一瞬間違えて変なSE(TBS感謝祭の回答時のSE)を流すハプニングがあり、
 森センが突っ込んだりするシーンがありつつも、みんなが定位置につき…フラフープ、スタート!

 開始してちょっとで、まずはまりんが脱落!
 続いてめぐがあああああ、とよろよろしながら脱落し、意外や華乃てぃ、そしてもえほが脱落。
 30秒が経過し、あと半分になりますが、依然5名が継続中。結構余裕そうで行けるか!?

 あと少し…行けそう!と皆が思ったその瞬間…!
 ああぁ…つぐがぁぁぁ…と、あちゃー!という表情をみせ、その瞬間に終了!残念、失敗!

 …残念でした。
 が、このギリギリでの失敗に納得がいかないのか愛子様、競技が終了しているのにフラフープを回し続け、
 口を尖らせながらプンプンし、サイレント&アクティブに抗議&激高しておりますw
 そんな愛子様に苦笑しながらめぐは
岡田「あーぁ…『おしんが、おし(ん)いよ〜』」
 とくっだらないwダジャレを発し
森林「つまんねぇよw」
 と一蹴されておりました。ただ、この後に見せた、下をぺろっと出す表情、めっちゃ良かったっすね(萌
 (あれだ、2016年度転入式の寸劇で見せたやつです)

 さらにめぐ、これに懲りず
岡田「フラフープ上手い人って、一軍って感じ」
 と、微妙な事をw
 これには森セン
森林「何、自分を下げてんだよw」
 いつも通りだなぁ、という感じで突っ込んでました。

 そして、話は成功者へ。
 新谷、お前凄かったな!?という森センに
新谷「はい!元から得意でした!!」
 ん!凄かったよね。すると
岡崎「凄く安定感あったよー!」
 後ろからその姿を見ていたひゃくこ、ゆづを持ち上げます。いいね、優しいね。
 しかし、そんなひゃくこも成功者です。
森林「お前も、まるで(フラフープが)無いみたい(に回して)だったじゃん!」
 えへへ、と照れるひゃくこ。
 いや、彼女も凄かったですよ、うん。成功者、おめでとう!

 そして、ここでの正解者が、見事ファストパスをゲット!おめでとうございます!
 正解者にファストパスが配布されている間は、振り返りトーク。感想とか…と、華乃てぃにQが飛ぶと
藤平「(客席の父兄)みんながグルグル動いているのが面白かった!w」
 w
 えらく上からの感想だなwという森センに、ニヤッとする華乃てぃ。ふふふ。
 な、上からな…いつもはテストで弄られているから、今日は父兄さんをイジる、みたいな?な?と。
 他、麻生は?というと
麻生「フラフープが成功してよかったぁ〜」
 ん。ホントにね〜。

 他、言いたい子は?という流れで愛子様へ。
会長「反復横跳びで、足の甲が痛い(苦笑」
 と。
会場「実は1曲めで足をつって…。左足をつって、それで右足で…(ううう」
 …それをおしてのパフォーマンスだったのですね。流石会長です…!

 続いてめぐ。めぐはー…
岡田「…本当に…!くやしぃぃーーー!!!」
 LOVE2対決に依然ぐぎぎ状態。卒業までにやらないとなぁ、という森セン、
森林「んじゃぁ…何したい?」
岡田「…んー…早口言葉とか?」
 そりゃすぐ出来るじゃん、と言われ、じゃあ…。徒競走?に。最初の対決再来ですね。
 50m?100m?200m?とか言いながら、めぐ遅いの、8秒ぐらい…と謙遜。
 それに対し愛子様は、最近図ってないけど7秒台、とライバル心露わw
 卒業までに実現するといいですね…!

 で、ここでファストパス配布が終わり、コーナー終了。
 森センはここで…ということで、スッと上手へ消えて行きましたw

■ライブアゲイン

 では、また…ということでライブへ。ここはこの曲。

4.アニマリズム

 そう、今年度こだわりがありそうなこの曲ですね。
 9人でも見事こなし、華乃の動きよし、まりんかわいー、とメモに書いてありますw
 ってか、見惚れててそれしか書いてない(苦笑)この日のまりん、凄く目を惹くものがありましたね…イヤハヤ。

 で、ここで本編終了、一旦下手へ掃けて…アンコールへ。
 購買部のジングル…かと思ったら「さくら学院からのお知らせでーす!」バージョン!?
 …再登場した学院生、アンコールありがとうございます!といいながら、
 岡崎、麻生、藤平、森萌、会長、有友、日、岡田
 と整列します。そして
岡田「今日はそよが居ないので、いっその事、全員でやろうかと」
 と、趣旨説明。おお。そういうことですか。

 早速グッズの紹介を…ということで、じゃん!モニターに映るグッズ。
全員「『秋学期は紅葉のシャッフルdeナイトタオル』ー!!」
 と、言うところですが、商品名があまりに長く、結構グダグダに(苦笑
岡田「えー…いつもこんな長い名前、覚えてるのー…」
 凄い!とめぐ。
 ほんとよね。こういう気付きがあるのはいいことだね。
 商品としては、アレですね、絵が二宮金次郎をモデルにした森先生、森金次郎が描かれています、と。
 そして、ね、なんか夜公演のほうは…うん、ね、みたいな誤魔化し(w)が入りつつ、
 色合いがいいよね、みたいな流れに。愛子様と真彩が、赤?ピンク?オレンジ?みたいな色がいいね、と言うも、
岡田「コーラルピンク…?」
 難しい名前キタ!これには
岡崎「またー、頭良さげなこと言ってー!」
 微妙なツッコミを入れてました(笑
 で、商品にはO-EASTって入ってるんで、来た印になるし買ってください、と。はい、買いますw

 続けてはラバーバンド。
 学院生数名が付けていて、手首を指差しながら紹介していましたが、ここでなぜかめぐ、
 くるっと後ろを向いて、背中越しに商品を見せていました。…ん、まぁ、いいスタイルですね(困惑
 あと、もえほが強烈に、ほら!見て!みて!とアピールw
 さらにそれに押されるように
会長「もう、買うしか無い!今日しかない!」
 鬼気迫るプッシュw
 思い出になりますし、と最後のダメ押しをして、商品説明終了。

 最後は全員で、つぐのリードのもと
有友「それでは、チェックしてみてー」
全員「くださーい!」

 !
 が、すぐにめぐ
岡田「決まった!無事!」
 まぁ、そういうことにしておきましょうw

 そして曲。
 アンコール1曲めは…

AL1.キラメキの雫

 …!
 もうキラメキか…いい曲だよね。

 そして、2017年度のフォーメーションに驚いた。
 イントロの中央は

   藤平    会長
      森萌

 …!どんぐりーず!というか、ついにもえほセンター!
 昨年のつぐも驚いたけど、ついにもえほ、来ましたね!

 続けて、Aメロの「♪すっ飛ばした〜」は

  新谷 麻生 日

       藤平  森萌  有友
     岡崎  会長  岡田

 という配置。見事学年別になっているんですね。
 で、ふっ飛ばされた中1を、中2が大げさに避けるという感じに。
 今までのキラメキの中で一番躍動感ある感じになっていました。凄い!

 そして、2番のAメロは

    岡崎    会長
       岡田

 という中3メンバー。めぐが中央ってのも、身長故か珍しく新鮮。
 そこから職員室に呼び出されるメンバーが中央へ。ここは

    藤平  麻生
      岡崎

 と見事にKYGがシャカリキになっているあたり、流石の演出です!
 つづいての注目、間奏ダンスは

  新谷ー会長ー藤平ー麻生

 4人の素晴らしいキレ、特にゆづの躍進を感じますね!素晴らしい。
 そしてDメロ前、中3が中央に集い、まずは

    岡田  会長
      岡崎

 のフォーメーションから、1人づつ前に出る形で回転、
 ♪君のこと〜   :会長
 ♪ねぇ気づいたよ〜:めぐ
 ♪揺るがない〜  :ひゃくこ
 ♪強く〜     :3人
 と…!!高まります!!

 …素晴らしかったです。キラメキは未完成とならび、さくら学院の全てを表現する、
 嗜好の楽曲ですね…。

 そして、ラスト前。
 ライブの感想を、とひゃくこがナビゲート。じゃあ、ゆづ!
新谷「久々のワンマンライブで。でも、めっちゃ盛り上がってくれて、楽しかったです!」
 と、言いながら、秋学期試験で急に指令が入ったのはぁ…と不満点もw
 みんなで、(職員室の)せんせぇー!!!と文句言ってましたw

 あと、
岡田「愛子?ありますか?」
 と会長を促すと、愛子様はこくんと頷いた後、
会長「秋学期試験は、私が転入した2013年度に初めて演って。それで、卒業する年に」
 と、ここで
会長「あ!卒業って言葉、使っちゃった…!」
 やっちゃった!みたいな反応を見せるも改めて
会長「また出来て、良かったです。」
 …会場は拍手に包まれて。

 そして最後。
会長「楽しんでくださった父兄さん、そして、今、居ない3人に届けたいと思います」
 と言う言葉から始まる楽曲は…

AL2.君に届け

 …ん!
 これも素晴らしい曲。
 ちょっと驚いたのは、つぐ、自分のパートではなくても小さく歌ってるのね。
 あと、華乃が2番Bメロでスカートに手を引っ掛けたりして驚いてたりもありましたが、
 感動的なパフォーマンスを見せてくれました。

 そして最後。整列後、
会長「今日は来てくださって、ありがとうございました!」
 という言葉の後はもちろん、
会長「以上、さくら学院でした!」
全員「ばいばーい!!」

 !お疲れ様でした!
 昼公演、楽しかったです。ソワレも顔笑って!!

2017年10月11日(水) さくら学院☆2017〜放課後アンソロジー 紅葉のシャッフル・ナイト〜 レポ・前編

 昼公演の後は、知り合い父兄さんとお茶しながら感想戦。
 小一時間程話したけど、その時
「あら、厳しいかわさんらしくないw」
 というコメントがあったので、無意識に褒めちぎっていたのかもしれない(笑

 いやぁ、それほどに、昼公演は良かったのよ。
 ライブというか、参加型企画が好き、というのもあるんですけどね。



 で、開場。
 自分の番号は四桁ちょい前なので、場所も含めて色々あきらめモード。
 知り合いが入っていくのを見守りながら、自分の番を待ちます。待ちます。

 それでも開始20分ぐらい前には入場し、運いいことに昼公演の最初と同じような場所へ。
 ん。ここなら辛うじてステージ見れるからいいでしょう。

 そして、開演時間5分前。
 音楽が途切れ、あ…影ナレ来るか…と思いきや、やおら…
「岡田愛のミュージックセレクション!!」
 !?!?
 と、言うか!?これは…2015年度の白井沙樹プロデュース公演ン時のオマージュじゃないか!!
 あの時の事を覚えている父兄の、うぉぉぉぉ!!!という歓声と、…は!?という困惑、
 半々ぐらいの会場の雰囲気のなか、めぐのアナウンスは続きます。
岡田「これから開演の時間まで、エスコートしちゃいます!」
 …エスコートしちゃいます!
 もう一度言っておく、エスコートしちゃいます!

 はい。
 で、まず1曲めは
岡田「高坂穂乃果、南ことり、園田海未で『START:DASH』」
 …ラブライブときました…か(汗
 曰く、ラブライブは大好きなアニメで、
岡田「目標に向かっている9人が、(さくらの)12人と重なります」
 とのこと。うむ…。
 ってか、個人的にだけど、さくら学院って二次元よりよほど二次元っぽいって感じるよ。

 そして、ここで一旦通常の影ナレ、諸注意事項が告知された後、2曲目は
岡田「スキマスイッチさんで『スカーレット』です」
 スキマスイッチとな。
岡田「この『スカーレット』とは、名鉄(の電車)の事を歌っています。
   私はいつも名鉄を利用していて…寂しい時には、この曲に助けられました…」
 と。
 で、この曲…聴いてみると、その世界感は、俺的さくら日誌の最高傑作と思っている、
 「さくら学院の夏!!」(2015/7/21)そのものじゃないですか…。…(涙…
 そうか…やっぱりめぐは、ずっとこんな想いを抱いて成長してきたんだね…と。
 少ししんみりしてしまったですよ。

 この曲が終わると、
岡田「はいっ!」
 と、いきなり告知モード。疑似CMですね。
岡田「毎週月曜日!」
 …!
 ついにくるか、本人からの告知!?
岡田「Freshマンデー!チェックしてくれてますかー!?」
 …そっちかよぉぉぉ!!モードw
 やっと本人から、おはガールのアナウンスがあると思ったのにぃぃ!!

 でもこれ。
 2015にやった「しらさきによる映画館でのCM風なロガールの宣伝」のオマージュなんですね。
 ってか、このミュージックセレクション、今確認してみると
「MC→1曲め→影ナレ→2曲め→CM→3曲め」
 と、流れそのものもコピってるじゃないですか。それだけじゃない!
 最初が「さくら学院との関連」曲、2曲めが「自らの境遇と心境」を歌った曲。
 その構成も合わせている…!!うむむ、やるなぁ。しかし、これ、気づいた人いるのか?(汗
 めぐらしい表現の深い深いさくら愛、気づくかな?という小悪魔感も若干感じるけど、
 素晴らしい演出だったと…気づけてよかったと思います。いやはや、凄い。

 そして3曲めは、ゴダイゴで「銀河鉄道999」。
岡田「では!シャッフルナイトの旅に出ましょう!
   ナビゲーターは、岡田愛でしたっ!!!」
 2015年度のセレクションと同様、1番のサビからチャイムを経て…いよいよ本編!

 響き渡るチャイム。
 と、イキナリ上手側袖のカーテンが上がり、そこに
 「岡崎ー岡田」
 両名がっ!!まさかの登場に大きなどよめき。おおお!しかもっ!新聞部姿じゃないか!
 いきなりのシャッフル攻勢に、父兄、興奮の坩堝っす。
 (メガネの美しい二人の姿は、きよもとさんの写真をご参考w)

 #ちなみに2015夜公演も、上手側ステージに(も)設けられたスクリーンに、極めてエモイ、
 学院生紹介映像が流れて始まりました。この映像、思い出すだけでエモイ…また見たいわ〜。

 二人の挨拶の後、
岡田「昼公演でファストパスをゲットされたかた、いらっしゃいますかー!?」
 うぉぉぉ!
 ゲットした猛者、必死に挙手でアピール!!
 …が、センターステージの前方なので、新聞部の位置からはだいぶ遠い…(苦笑
 そんな状態に
岡崎「…結構遠い…(苦笑」
 …ま、まぁ(苦笑
 まさか、そっちでずっとやんないでしょ(汗
岡田「まぁ、(これから)良いことあるとおもいます…!」
 w
 続けて
岡田「夜公演のファストパスを見事ゲットした方も、そうでない皆さんも、楽しんでいきましょう!!」

 そして、趣旨説明。
 紅葉のシャッフルナイト、ということですが?という問いかけに
岡田「そうなんですよー!シャッフルユニットをします!」
 そして
二人「せーの!どうぞっ!!」
 と促すと…と!?
 センターステージ、下手側から現れた4人の姿…し、しかも…その衣装は…!
 テニス部じゃないかぁっ!!

1.スコアボードにラブがある・Pastel Wind(会長、麻生、有友、森萌)

 ぐはぁ。その衣装で死にました。
 …じゃ、なかったレポですね。イントロでは、会長ー有友ー麻生ー森萌、の順で並び、
 
     会長
  有友      森萌
      麻生

 となったあと、Aメロの縦並びは
      麻生
      会長
      森萌
      有友
 と、結構つぐが目立ちます。やるねぇ。
 それに、森萌がニコニコしながらやっているのと、愛子様に若干テレが見れるのがらしくなくて「良い」w
 あとで分かったのですが、真彩が凄くキッっ!とした表情なのも理由があったのですね。

 2番は並びが変わって「麻生ー森萌ー有友ー会長」。
      麻生
   有友    森萌
      会長
 となったあと、
      麻生C→
    ←B有友
      森萌A→
    ←@会長
 という縦フォーメーションをへて、最後のサビは、

  森萌         有友
     会長   麻生

 に展開。ラストの〆は

   森萌  有友
     麻生
    会長
  
 と、よくテニス部の写真にある先頭半座り!
 あまりの可愛さに、盛り上がるというよりドギマギする客席を感じましたよw
 なんか、凄まじく変な客席でした(笑
 最後は整列し、もえほ、愛子様、まあや、つぐの順で挨拶し、
一同「私達!一夜限りのテニス部『Pastel Wind』です!」
 !!
 んー!良かったです!!
 …しかし、テニス部を「パステルウインド」って呼んでる人、あまり聞いたこと無いな(笑

 続いてはー…今度は上手から駆け込む2名の影!2名!?ってことはー…

2.Brand New Days・Scoppers(岡田・岡崎)

 来ました新聞部!
 先程から出ていますが、衣装も初代をリスペクトしています。…いい!!
 「岡崎ー岡田」
 のフォーメーションで、髪型はひゃくこがあいりーん、めぐがみよっちゃんをリスペクトかな?
 …あまりに二人の出来が仕上がりすぎていて、メモに「本家よりいいねぇ」って書いてあるな(失礼
 間奏では、本家よりだいぶ手の込んだ感じになっていて、二人でハートを作ったりするの、萌えました(照

 しかしなにより、めぐが楽しそうにしてたのがね。
 MC含め、全体的にテンション高かったし…今日は、そういう日だよね。栄冠は君に輝く!
 最後は
二人「私達、一夜限りの新聞部『Scoopers』でした!」

 つづいてはー…と、一転しっとりとした雰囲気のイントロ。これは…これは!?
 この打ち込み音は…と、ステージに下手から現れたのは
 「新谷ー会長ー日」
 …と、この白衣姿ということは…科学部か!

3.Welcome to my Computer・科学究明機構ロヂカ(会長、日、新谷)

 最初の並びから、
  新谷 ↑  会長
     日
 と変更し、このまままりんが後方に下がります。
 この動きも含め、とにかくまりん、凄い、完璧です。キミは…何者だ!?
 レイヤーも
  新谷
    会長
      麻鈴
 と見事にこなし、ゆづもいい、一番「科学部」らしい、デジタルっぽい動きをしてたと思います。

 2番のレイヤーは、中2が逆でセンターは愛子様のまま。
 左右への動きもキレキレでいいですね。ただ、愛子様はテニス部のときと同様、
 すごく愛子様ぽかったですwしかし、どれだけの部活をこなすんだ…化物かよ〜すごいわ。
 個人的に科学部ではWTMCが一番好きなので、まりんでこれを見れたのは良かったですね。

 最後は
日「日研究員です」
会長「山出研究員です」
新谷「新谷研究員です」
一同「私達、一夜限りの科学究明機構「ロ・ヂ・カ」。Enter Shatdown」
 …ん。
 さすがにver.は無いのですなw
 ver.3.0β、とか、RCとかだったら面白かったのにw

■MC1

 そして、ロヂカの3人がステージに残るなか、ここで上手から新聞部二人が。
岡田「みなさ〜ん!?かっこよかったですよねぇ!?」
 と言いながら登場。
 しかし、ひゃくこは第一声が
岡崎「…(WTMCは)ver.2.0でもやってないのにーw」
 あぁ、ってことはひゃくこはやってないのか。
岡田「ずるいよー!」
 と一旦はロヂカがロヂカをイジる展開に。えへへー、と愛子様。この中3の雰囲気はいいですね。

 ここで、テニス部のつぐともえほもステージに合流。
 ちょこんと中央に躍り出ると、もえほは客席に小さく手を振りながらレスしまくりw
 うーん…案外釣り師の才能あるんだな(笑
 さらに
森萌「じゃあ、みなさん、行きますよー!?『もえ!もえ!ほー!』」
 あ、あたしも!ってことで
有友「おしんじゃないよ!つぐみだよー!」
 と自己紹介までw
 なぜ二人だけ、などと野暮なことをいうのはよしておきましょうw

岡田「はい、じゃぁ」
岡崎「インタビューを始めたいと思います」
 と、テニス部をやって苦労した点を問います。すると。
森萌「テニスのラケットが…!小道具をもってやるのが…ね?テニスラケットって重いじゃないですかぁ〜」
 と結構重いんですよ論を展開。めぐには
岡田「ももえ、小さいもんねぇw」
 結構痛烈にツッコミを入れられてましたw
 ってか、めぐが大きいんだよw

 つづいてつぐ。
有友「…疲れました。1回やって、無理だ…と」
 これにはみんな苦笑、客席爆笑。
有友「でも、練習したら笑顔で踊れるようになった」
 なった、と淡々と。この淡々っぷりがつぐっぽくていいですね。

 二人の感想が終わると…。まだ、続きます!という新聞部の言葉に続き
岡田「…あの部活が復活です!」
 …!?
 あの部活!?
 復活!?
 と、いうことは!?

 人影がなくなったステージが赤く染まる。赤く!赤く!!
 と、いうことは…爆音が響く…こ、これは…!!そして、現れたのは
 「藤平ー麻生ー日」
 そして…

4.ギミチョコ!!・BABYMETAL(麻生・日・藤平)

 …O-EASTにキツネ様が降臨し、父兄がメイト化…した(汗
 そしてステージ…か、完璧か(汗)髪型含めたイメージを見事に先輩方に揃えて…
 しかも、そのパフォーマンスたるや。寸分違わず見事にBABYMETALじゃないか!!(汗
 個人的には、ドームんときの3人と互してやれるんじゃないか…と圧倒された…ぞ!?

 しかも、ギミチョコで来る、そのチャレンジ。それも含めて素晴らしい。

 今までの3部活は結構楽しげで、ロヂカも凄かったけど「一夜限り」感が残っていたのは否めない。
 しかし、この重音部は違った!運営も3人も、重音部をやることの「挑戦」「意味」「意義」、
 全てをちゃんと理解しつたうえで、完全な仕事をこなしている…!!それが、凄い!
 ちょっとでも甘えがあれば徹底的に揶揄されかねない重音部で、それを許さない圧倒感!
 やはり、さくら学院は凄い!ゆいもあすぅ…君達の後輩は、見事すぎるぞ!!

 曲が終わると…完璧すぎるだろ…という雰囲気で、盛り上がるという以上に圧倒されて静まる客席。
 そこに
麻生「Ma-METAL Death!」
日「MariMETAL Death!」
藤平「KanoMETAL Death!」
一同「私達、一夜限りの重音部『BABYMETAL』Death!」
 そして…
麻生「See You!!」
 きたぁぁぁぁ!!!
 ここで再び、割れんばかりの超絶大歓声!!!会場が轟くとはこれか!と!
 それも納得、全てが完璧な重音部、当然でしょう!完璧でした…3人とも、お疲れ様でした!

2017年10月12日(木) さくら学院☆2017〜放課後アンソロジー 紅葉のシャッフル・ナイト〜 レポ・後編

 ゆいもあ卒業以来の重音部降臨の興奮も冷めぬまま…いや、それを引き継ぎ煽るかのように、
 下手から一斉に駆け込む学院生。
 岡崎、新谷、森萌、岡田、会長、有友。
 その順で並ぶと
岡田「…じゃ!振り返りを…!」
 とMCへ入ります。まずはテニス部の話。
会長「…んー…何だろうな…?ん…あ、(テニス部は)先ずは設定を決めたね」
 設定!?
会長「私は、部活引退後の中3、という役で、ヒマだから寄ったよ、みたいなw」
 で、ダンスの「♪大人になるネット際で〜」がお気に入りと言うと
岡田「あそこー!!可愛いよねー!!めぐ、キュン死しちゃうかと思った!!w」
 …あれ、めぐ、そういうキャラでしたっけ?w
 ちょっと脇道にそれましたが、
有友「私は、弾道とか計算が得意で、飛んでくるところの見分けが完璧に出来る!
   …ただ、運動神経がなくて追い付けない…(笑」
 …ん、なんからしいなw
 つづいて
森萌「私はぁ〜後輩ちゃん!うっかりさんのおっちょこちょい…みたいな!」
 えへへ、とぶりっ子全開w
 そんなもえほに
岡田「もー!可愛いところ、全部持ってくんだからー!!!」
 ぷんぷん!
 まあ、ぶりっ子ならずとも、言いたくなる気持ちは分かりますw
 そして、今のところステージ不在のまーにゃんは
会長「真彩は…熱血!…ん、何なら…そう『修造』さんみたいな…w」
 爆笑が起こりますw
会長「いや、ホントにね!?修造っぽくなっちゃって!そしたら先生に
  『…テニス部っぽくないね…』って言われちゃったぐらい、似てた!w」
 でもまぁ、それこそがPastel Wind2017なのでしょうw
 しかし、テニス部っぽくないってー、という話になり、じゃあどういうのがテニス部?
 という流れで、思わず会長
会長「…うふっ(ぶりっこ」
 ぶりっ子愛子様を披露w
 うぉぉぉ!?という客席!…が、それより盛り上がったのはめぐw
 可愛い!愛子可愛い!ねぇ、もう一度やって!!と妙に大興奮w
 あまりの押しに、えー…と言いつつも顔は満更でも無い様子で
会長「…うふっ(ぶりっこ」
 2度目のご披露w
 御馳走様でした&お疲れさまでしたw!

 続いては新聞部。
岡田「黒のジャケットも着れて、楽しかったぁー!」
 やっぱり、歴代のを着てみたいものなのですねw
 続けて
岡田「あ、あと!間奏の振り付けは百々子が考えてくれたんですよ!」
 うぉぉぉ!そうだったのか!
 道理でなんか違うぞこんなに複雑な動きしてたっけ!?と思ったはずだw
 #あいりーんは無理だったはずだぞとか思ってないぞ思ってないぞ
 するとひゃくこ、ハニカみながら
岡崎「あれは…色々なバージョンを組み合わせて…。考えるの、面白かった。
   そして、色々な見せ方があるな、と…。勉強になりました!」
 えへへ。
 …いや、凄く良いことを言いましたね!素晴らしい!
岡田「成功して良かった!」
 ん!お疲れさまでした!

 続いては科学部。
岡崎「Welcome to My Computer!!」
岡田「やりたいの!あれ!なんでぇー!!」
 …まだ、2.0でも披露していないことをまくしたてますwいいね、こういうの。
 私たちでもやってないのにー、というのは、私たちだって披露したい!という気持ちの表れ。
 父兄としては嬉しい限りです。そんな圧の中、
新谷「私ぃ、ムーンウォークが出来なくて…でも、この日のために顔笑りました!」
 拍手!
 そして、めっちゃそろってたよねー!というめぐ。ホント、凄かった。
 このまま行けるんじゃね?w

 そしてトリ。
 ここで3人がステージに戻ってきます。拍手で迎える会場全体!お疲れ様!
岡田「次ー…ベビメタさん?」
 ベビメタさん?w
 (…ひょっとして、ベビメタ3人、って言ったのかもしれん)
 ちょっとなんか、ふわっとしてるというか、雰囲気に酔っている感じの珍しい3人。
 ん…やっぱりそれだけの大仕事だったのでしょう。まりんに至っては、科学部重音部という、
 恐ろしいコラボレーション。頭が下がりますわ…ホントに。
 どうだった?という問いかけに
麻生「…す、すごい…疲れるんだな…と…」
 見たことないほど疲弊した表情で言うと
麻生「でも、こうしてやったからこそ、改めて(ゆいもあすぅ)3人は凄いんだな…と…」
 …湧き上がる拍手。
 ここで、華乃てぃがゆいちゃんさま、まりんが四代目を担当した旨が明かされ(分かるケド)、
 華乃、どうだった?という問いには
藤平「…まあやも言ってたけど…あ、頭が揺れて…脳みそが…」
 続いてまりんも
日「景色が歪んで見える…」
麻生「世界が揺れる…」
 とにかく異次元のものだった、と。
 …世界のBABYMETALの凄さなのですね、納得。
 でも、良かったんだぜ!互して、といったら先輩が驚くかもしれないけど、
 挑戦権ぐらいは全然あるだろ!というレベル。これぞさくら学院!というものを見せてもらいました!

■Live Again

 そして、ライブパートへ戻ります。

5.ベリシュビッッ
6.君に届け

 このあたりの曲は定番曲ですね。
 君に届けは、会長のキメ顔が決まりまくってましたw

 2曲過ぎると、一息つくまでMCです。
 麻生、藤平、新谷、岡崎、会長、岡田、有友、日、森萌
 と並びます。部活をやって、9人が再びそろいましたが…と話が切り出され、
日「昼とはまた変わって、凄い盛り上がりで…」
 と夢を見ているような表情で語ります。
 なんかすごくおちついてるよねー、と学院生からチャチャを入れられ、挙句、
 落ち着いててねー、精神年齢60歳!おばあちゃんだ!とw
 そんなまりん、案外満更でもないようすでニッコリ微笑んでましたな。
 この微笑み、プライスレスすぎます…な。

 さらに、新聞部に話が及び
岡崎「三吉彩花ちゃんと松井愛莉ちゃんって、身長が高いじゃないですか」
 と話を切り出すと
岡崎「めぐは(身長高いから)良いんだけど、私はねぇ〜…」
 てへ、という表情をしながら
岡崎「工夫してましたw」
 えへへ、と。
 要所要所で、ダンスに合わせて背伸びしてたそうで。気づかなかったわい。
 が、
会長「知ってたーw」
 と、にやにやしながらw
 しかし、そんなところも、研究するの楽しかったー、と上手く纏めておりましたw

 こちらのMCは早く終わり

7.Magic Melody

 曲へ。
 しっとりとした雰囲気が会場を包みます。最初のセンターは

    日
 新谷    麻生

 と中2−ず。ここから、左右がゆっくり入れ替わると共にまりんが前に進み
  
 麻生 ↓  新谷
    日

 ステージ最前中央に踊り出ながら「明日の君に会いに」いきます。
 Bメロはビジュアルクイーンがセンター。

 藤平    日
    岡田

 と入れ替わり、今日この日、苦難を超えて出逢うことが出来たことを讃えます…。
 サビでは

 有友  麻生   日  藤平   新谷  森萌
   山出       岡田       岡崎

 と中3センターで見えない絆を、しっかりと感じさせて…。
 とてもじゃないが、3人不在を感じさせない完璧なフォーメーションを見せるステージに、
 感嘆の念しか絞り出すことが出来ないフロア全体…。

 2番はセンターが変わります。

 日  森萌
   麻生

 教育委員長がセンターへ。次世代を感じさせますね…。Bメロは

 岡田  岡崎
   麻生

 緊急事態に弱虫なままじゃいられない、という決意をしたであろう生徒会を迎え、
 いよいよサビへ…。2番は

 岡田  藤平   山出  有友  岡崎  森萌
   日       麻生      新谷

 と中2−ずが中央へ。Dメロはなんと、会長ソロ!
 憧れをライブハウス全体に駆け抜けさせます…!!

 そして最後は、

   岡崎
 岡田  山出

 と中3が揃ったのち、最後は

   岡田  山出
 麻生      岡崎

 という生徒会メンバーが揃い踏みし…大人に変わる前の瞬間を切り取りました…。

 …正直、このマジメロは…スカイステージを超えていたかもしれん…。
 それほどのパフォーマンスでした…す、凄かった…。

 そして本編最後は

8.マシュマロ色の君と

 一昨年前は大幅にフォーメーションを変え父兄を驚きの渦に巻き込んだこの曲で。
 サビ前

 森萌   有友
  藤平 会長

 とどんぐりーずがセンターになったのは、結構驚きでしたねw
 そういう曲じゃないのは分かっているんですが、うむむ。


■アンコール

AL1.HANA*HANA

 アンコールは元気よく、昼公演でもOPを盛り上げた花2!
 終わりが見えてきた開放感と興奮からか、疲れも感じさせながらも、いつもにも増して、
 ミツバチは踊ります。

 藤平‐日‐山出  有友‐麻生‐岡田  森萌‐新谷‐岡崎

 3匹の基本フォーメーションはこちらでした。背の高さで合わせているイメージですかね?

 そして、曲が終わると

 新谷、麻生、岡田、岡崎、有友、森萌、日、会長、藤平

 と並び、全員での購買部へ。まずはタオルのご紹介で…
岡田「やっと、絵柄の秘密が明らかになりましたね」
 と述べると、客席から、えええー!?と驚きの声。が。
岡田「…知ってたくせにぃ(笑」
 w
 でも、帰宅とバトンは残念でした。

 2つめはラバーバンド。持っていると盛り上がると思います、という強引な紹介の後、
会長「『俺、10.9(じゅってんきゅう)行ったんだぜ?』みたいなw」
 ああ、そうね、そういう感じねw
 最後、使ってくださいー!と。使うって感じ?w

 そして〆は「アレ」があるかとおもいきや、めぐがすっ飛ばして次に進もうとし、
 他の学院生から、アレ!アレ!とツッコみを入れられるも、やはり全然気づかず、
 ん?ん?と困惑するようなワンシーンw
 あれではわからんか、とみんなして、購買部の〆ポーズを小さくしてみせ、ああ!と。
 最後は全員で
全員「チェックしてみてー…くださいっ!」

 そして

AL2.キラメキの雫

 昼公演でも印象的だった代表曲の1。
 フォーメーションはそちらのレポを参照いただくとして、印象的だったのはまりん!
 「心繋がるよ」
 のソロを担当、歌い上げるさまは…まさに歌姫!素晴らしかった!

 そしてラストMC。務めるは会長。
 皆が定位置につきしゃがみます。…ん。そんななか、会長が立ち上がり…
会長「…3人が不在で。12人のステージを届けできなくて悔しかった…。
   悲しかった。でも、そんな中、皆さんが笑顔で盛り上がってくれて嬉しかったです」
 と独白。ん。
 そしてこの態勢から、大切な曲です、と紹介があれば…あの曲でしょう。

AL3.夢に向かって

 新谷  有友          森萌  藤平
   日    岡崎  岡田    麻生
           会長

 という3−3−3フォーメーション。目立っていたのは華乃てぃの歌唱。
 3人不在をカバーするという自覚に満ち溢れた歌唱でしたね…。
 間奏の口上は教育委員長!

麻生「はいっ!中等部2年、教育委員長の麻生真彩です!
   盛り上がって下さり、ありがとうございます!これからも、12人で成長していきます!
   学院祭まで盛り上がっていきましょう!」

 ラストは会場一面フラッグの海。緊急事態を乗り切った9名、感極まった様子で横に並び
会長「以上!さくら学院でした!」
全員「ばいばーい!!」

 …年度初のワンマン、困難のなか…見事、形にして見せましたね!!
 素晴らしかったです!お疲れさまでした!!

2017年10月22日(日) 台風だ…

 昨日今日とさくらの現場(JOL)があるのは承知しているのだが、家にいる。
 何の事はない、風邪を引いているのである。まぁ、ジョギングするぐらい動けはするのだが、
 …つまり動けるので、行かないのは怠慢である。分かっているのだが、昨年に続いてこういうイベントには、
 どうにも興味が沸かない。昔はイベント全通みたいなのが称号だと思い込んでいた時分もあったので、
 要するに枯れてきたのかもしれない。冷静になったという風に捉えたいところではあるが。

 ってなわけで、寝たり起きたりを繰り返している。
 季節の変わり目には非常に弱い。生活環境が変わったのもあろう。しばらくは大人しくすることにする。
 うん。

 大人しくしているなら、レポの続き書けよ的な声も聞こえてきそうだが、レポ書きするほどのエネルギーが無いのだ。
 あれはあれで、物凄くエネルギーを要す…それこそ、ライブ一本見る以上必要だったりするので、
 風邪っぴきだとどうにも書けないのである。今週中には書きたいと思っているが…。

「そもそも、レポ終えてないで次のイベント行くと、記憶が上書きされるので難しいんだよ…」
「別に、それが理由じゃないでしょw」
「まぁ、そりゃそうだ。行きたきゃ行ってるわw」
「ねーw」

2017年10月31日(火) ふー

 昨日、顔笑れMVのコースを走る顔笑れRUNをしてきた。
 2015年度、各年度を激賞すべく始めた企画だが、どの年度より応援したいと思っていた2017年度、
 なんと4月にギックリ腰を患ってしまい、年度始めるまで出来ず仕舞…。

 しかもそれ以降、ラン自体が結構散漫になってしまったこともあり、10k以上走るのは久々。
 それでも月100k以上は走っていたものの、30qを走れるかなんていう不安抱えつつ、
 どうにか形にしてきたところであった。これで、やっと2107年度と向き合える気が、
 個人的にしている。まぁ、禊みたいなものなのかもしれない、自分にとって。

 幕が明けて半年も経過してしまったが、改めて、さくら学院2017年度に乾杯である。



 それと、やっと10.9のレポを書き終わった。
 顔笑れRUNとあわせ、色々ひと段落ついた気分である。

 レポなんて別に書く義務はないのだが、これは将来の自分へのコミットである。
 普通に日記を書くより、将来、とある時点で自分を振り返るのにイベントレポ以上に
 感情を表現できるものはない、と個人的には思っている。

 小難しいことを書いたが、要するにまぁ、振り返って読むと案外面白い、という話で、
 そのためだけではないけれど、そういうことも期待しながら書いている。書くからには、
 しっかり書いておきたいというのもあり、必死にディテールを求めていくのだが、
 これについては情熱と記憶力勝負というところがあって、その双方に陰りが隠せない昨今、
 イベントの参加前はずっと妙な緊張感…試験の前のような…に襲われていたりする。

 だから、こうして書き終わると、出来の良しあしは兎も角、素直に嬉しいし、
 自分の中でイベントを締めくくれた気分になる。気持ち的にはやっと打ち上げだ。

 次のイベント、学院祭までもう数週間。
 この時間でどれだけの情熱を蓄積できるかで、レポの出来も変わって来よう。
 今はしっかり打ち上げて、次に備えねばならぬ。2017年度のキラメキこそ、
 2015年度、岡崎百々子に心奪われて以来、切に求めてきたものなのだから。

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

multi@din.or.jp
Akiary v.0.51