バレエ見るの好きです


−♪ 少し前のデータ ♪−


17/07/31(Mon) 21時50分18秒
はるはる


sisterRAY さん

土曜ソワレをご覧でしたか。^^

>ボラック/ルーヴェの「R&J〜バルコニー」、わたし的には昨日の一曲
なるほど!
よかったですよね。^^

>第三部は混成ペアを密かに期待したりしていましたが(笑
確かに!次回はぜひ(?!)

>コンサートピースに仕立てた夢の場
『ローズ』はあると思いましたが、3幕中心だと思ったのでみれただけでも(!)嬉しかったです。^^

>総登場のラスト
ホント、
>わくわく
でしたね!!

ありがとうございました。(^O^)

17/07/30(Sun) 01時41分38秒
sisterRAY


はるはるさん、
私はソワレで観ました、>『バレエ・スプリーム』(Bプロ)

 「グラン・パ」は必ずしも八菜さんの役でないのではとも思いましたが、開きの大きな造形を活かしていくだろう >のびしろ を確かに感じました。一方のマルシャンは >フレッシュ でありながら完成度も見事。
 饒舌,特にPdDだと‘一手多い・・・’と感じさせかねないヌレエフの振付を、‘これしかない’というふうに踊り抜いたボラック/ルーヴェの「R&J〜バルコニー」、わたし的には昨日の一曲、でした。
 >ウルド=ブラーム@チャイ・パ・ド、素晴らしかったですよね。 >はんなり>なたおやか な生身と衣装の間を暖かな風が巡っている。超絶技巧の開陳と節度のバランスをマックレーほど割り切らない?エイマンの舞も実に見物でした。

 「真夏の夜の夢」の高田さん/エラはお人形のよう。そう見えるように踊っているのは明らかで、定番が揃った中では地味ともいえる演目でしたがしっかり芯の通った喝采を受けていました。
 ヘイワード/サンベの「タランテラ」は、Aプロで高まった期待を裏切らない快演で、次回の来日が本当に楽しみ。
 「白鳥〜湖畔」はパリオペ組とはまるで印象が異なり金子さんはロシア〜日本的というのも妙ですが、しっとり堂々としたオデット。>ダウエルVer.のジークフリートのお衣裳 ボネッリは似合いますね。ラムの欠場で割を食った感はあれ「第三部」デジレでしっかり魅せてくれました。
 本編トリ「ドン・Q」は将に鉄壁。>オリジナル度、高 くしても気儘な印象を与えず息を呑ませるも沸せるも自在のマックレー、此れとオーロラのアダージョを取るに相応しい輝きを遺憾なく放つサレンコ、脱帽です。

 第三部は混成ペアを密かに期待したりしていましたが(笑、やはり風合いの違いを楽しむべきでしょうね。
 一人挙げるなら、コンサートピースに仕立てた夢の場を連綿且つ明瞭に踊ったウルド=ブラームでしょうか。八菜さん@オーロラは、暫し待たれよ,という処(?笑
 「眠り」はあまり軽く扱わないで戴きたい,等と偉そうなことを云いつつ、総登場のラストにはわくわくさせられました(笑!

17/07/29(Sat) 21時16分01秒
はるはる


『バレエ・スプリーム』(Bプロ・マチネ)行ってまいりました。^^

パリ・オペチームは、Aプロ、Bプロどちらも定番演目が揃った感じでしょうか?
幕開け『グラン・パ・クラシック』(オニール&マルシャン)、恵まれたラインが映える2人、華やかで美しくそのうえ、(のびしろを感じさせる?)フレッシュさもよかったです。

ウルド=ブラーム@チャイ・パ・ド、シャープさよりもキュートなたおやかさが印象的でしょうか。^^ハイスピードではないですが、細かなステップもはんなりまとめていて、バレエ学校の来日公演(コゼットといっしょでしたね!)のときから密かに(?!)ファンでしたので、感無量です。^^
(ファンばかと言われてしまうかもですが ^^;; )小首をかしげる様子もツボでした ^^ゞ

ロイヤル・チーム、ダウエルVer.のジークフリートのお衣裳(ですよね?)とか、アシュトンとか、Aプロの『アスフォルデルの花畑』(スカーレット)とか、カンパニーの個性が発揮されていたと思いますし、ヘイワード&サンベの『タランテラ』も、とてもよかったです\(^O^)/

サレンコ&マックレー『ドン・キ』・・プティパとありますが、かなりオリジナル度、高かったような?
アダージョは、『これでもか!!』というくらいサレンコの見事なバランスを堪能できましたし、ヴァリ、コーダと2人の完璧な美技に大興奮(笑)
圧巻でした\(^O^)/

総出の『眠り』ディベルティスマンも超豪華。
マックレー、エラ、ルーヴェ、マルシャンが4人の王子な高田さんの『ローズ』。前半も最後も、4人目の手はとらずにそのままバランスというスゴさ!☆o☆

八菜さん@リラの精(ヌレエフVer.だと第6ヴァリですよね)、大きく空間を使う優雅さで見事でした! #次回(?!)はぜひオーロラも♪

ブラームは1幕のヴァリとヴィジョンシーンのパ・ド・ドゥ(ルーヴェ王子も素敵♪)が、ボラックは3幕ヴァリがハマっていましたし、ボネッリの物憂げな(?!)ヴァリもよかったです。^^

ヘイワード@フロリナ王女に、サンベ(アダージョ)とマルシャン(ヴァリ)がブルーバード。3人揃ってのコーダは盛り上がりました!

エイマン王子の3幕ヴァリはもちろん、サレンコ&マックレーのアダージョも、ブラヴォーでした\(^O^)/

ソワレ、そして楽日@東京の明日も盛り上がるでしょうね!
お出かけのみなさま、楽しまれますように!!

17/07/28(Fri) 02時49分14秒
はるはる


sisterRAY さん

初日にお出かけでしたか。^^ >『バレエ・スプリーム』(Aプロ)
早速、ありがとうございます!!

>競演というより和気藹々な感じ
でしたね!
それでいて、それぞれ遠慮なく(?!)個性を発揮している感じで、よかったです。^^

>きっちり隙のない(その代表格がゲストプリンシパルのサレンコ
^^
昨日(もうおとといですね ^^;)、『やっぱり、サレンコの踊り好きだわー *^^*』と思ってみておりました。
ハンパない引き上げ感もわたし的にポイントですし。

>マックレーとエイマンは矢張り‘トンデモ’
でしたね!!

>‘第三部’
これでもか?!的に、はじけてらしたような・・^v^

>ウラド=ブラーム/ボラックが踊り子に回ったトロワ
>ロイヤルのサンベとエラが此処で攫っていく
豪華でしたよね ☆o☆

>Bプロも楽しみです。
本当に!!

ありがとうございました。^^


17/07/27(Thu) 03時39分41秒
sisterRAY


はるはるさん、私も観て参りました,>『バレエ・スプリーム』(Aプロ)

>『ドン・キ』ディベルティスマン、・・・客席ちょっと笑いも
 そうでしたね。その印象もあってか、競演というより和気藹々な感じでしたが、強いて云えば、きっちり隙のない(その代表格がゲストプリンシパルのサレンコというのも面白いですが)ロイヤルに対して、造り込んでいながら‘ご自由にお楽しみください’とでも言いたげなパリオペ,というところでしょうか? 以下思い付くまま・・・

 マックレーとエイマンは矢張り‘トンデモ’ですね。「ラプソディ」での開幕早々では目も感覚も追いつけない程の斬れ具合、天才が天才のためだけに作った「マンフレッド」の,最後の転がりに至るまで余人の及ぶところでない目の詰まった充実・・・つくづく感嘆しました。

 高田さん、とても良かったです。「ジゼル」の十分に溜めて持っていく音取り,キトリでの薫るような後肢の見せ方、共にしっかり独特の印象で、なるべくして頂点の立たれたことを実感しました。
 若返ったメンバーを支える大きな構え,でも変わらず若々しいボネッリ@ロミオ/バジルも鮮やかに印象的でした。

 パリオペ組の「白鳥」、エイマンに十分サポートさせる貫禄ながら涙ぐましいほど初々しいウラド=ブラーム、ボラック/ルーヴェ組の余裕の恋愛遊戯とすら見える洒落っ気もパリオペならではのPdDでした。
 八菜さんの本領はドリアードの方でしょうけど、華奢なスタイルが引き立つ「エスメラルダ」も良く、マルシャンの巧さに客席もどよめいていました。

 ‘第三部’は、エンジンが掛かってきたのか?皆さん本編?より好調なくらい。
 一人挙げるならチュチュで踊ったヘイワード@キューピッド。手足を投げ出すようにしながら鞠が弾むような弾性と完璧な軌跡,素晴らしかったです。
 ウラド=ブラーム/ボラックが踊り子に回ったトロワは意外な見所でしたし、ロイヤルのサンベとエラが此処で攫っていく実力を発揮させる心憎い構成、Bプロも楽しみです。

17/07/26(Wed) 22時55分45秒
はるはる


『バレエ・スプリーム』(Aプロ)行ってまいりました。^^
盛り上がってましたよー!!

『ドン・キ』ディベルティスマン、キトリ&バジルが4組!!
赤系のお衣裳で揃って出てきたときには、客席ちょっと笑いも ^v^

明日以後、お出かけになるみなさま、楽しまれますように!!

17/07/25(Tue) 21時20分35秒
はるはる


『バレエ・スプリーム』、アリュが怪我のため欠場ですか T_T
心配ですね・・・

アリュが踊る『レ・ブルジョワ』みたかったな・・またチャンスがありますように・・

17/07/24(Mon) 21時00分16秒
はるはる


「蘇るモーリス・ベジャール」第一弾の記者会見&秘蔵映像上映会、今日でしたね!!


17/07/23(Sun) 23時44分52秒
はるはる


今日は少ししのぎやすかったでしょうか・・・
夏休み突入で?!劇場は平日の予定もアツイかも!

17/07/22(Sat) 21時33分29秒
はるはる


アステラス行かれず残念・・T_T

17/07/21(Fri) 21時26分28秒
はるはる


それではみなさま、良い週末を ^^/~~~

17/07/20(Thu) 22時01分00秒
はるはる


バレエ・プリンセス、今日でしたね。

17/07/19(Wed) 23時15分52秒
はるはる


梅雨明け?!
明けてなかったのですね!!@o@

17/07/18(Tue) 02時32分40秒
はるはる


sisterRAY さん

>ロホ@メドーラ
ご覧ですよね!ありがとうございます^^

>持ち前の強靭華麗な技巧を全開
>・・手綱の〆方は全く見事
よかったでしょうね!! ^O^

>エルナンデスの若々しい頭目ぶり
^^ こちらも目に浮かぶようです!

私は東京最終日の17日になんとか行ってまいりました。

コチェトコワも確かな軸、確かな音取り、精緻なステップ・・良かったです。^^
噂のコラレスもようやくみられ、思わず笑ってしまうような(?!)大技、美技、堪能しました♪

グネオ@コンラッドものびやかな踊りが美しく、軽々と高いジャンプも綺麗でした。

>チャン@ランテゲムは、すらりとした長身に上質な色気が魅力的でわたし的に注目!
^^

私はブッファラ@ビルバントをチェック(笑)
またみられる機会がありますように・・ *^^*


17/07/17(Mon) 03時42分50秒
sisterRAY


昨日観て参りました、>ENB『海賊』

 観処は何と云っても第二幕:洞窟の場で、新プリンシパル:コラレスが、なんでもありの此のヴァリならではの、目一杯助走しての大跳躍,肉眼では確認不能な超高速回転,完全に天を向くクペを連発すればロホが持ち前の強靭華麗な技巧を全開、エルナンデス@コンラッドもアコスタ@ビルバンドも負けじと応戦、ジェットコースター感覚の興奮が場内に漲りますが、曲芸合戦にならないのは各役の性根がしっかり把握されていたからでしょう。

 ロホ@メドーラは奴隷市場での冒頭から、パシャはおろか海賊一行も手玉に取る余裕を見せながら、コンラッドとの大人の恋をしっかり薫らせる,その手綱の〆方は全く見事。
 コラレス@アリにはカリスマは感じられませんが、唯一の見せ場であるPdTであそこまで魅せてくれれば文句を言う気は一切ありません。
 アリでも十二分に通用する身軽さを披露するエルナンデスの若々しい頭目ぶりも素晴らしく、肉感的な踊りで存在感を放つアコスタとのバトルの鮮やかさと力み具合は印象的でした。
 ギュルナーラのハニュコワは引き締まったダンスで目を引きましたが、怪我ということで三幕降板・・・大事ないといいのですが・・・代った金原さんは可憐な妹分を好演、柔らかさ,着地音の無さは際立っていました。
 チャン@ランテゲムは、すらりとした長身に上質な色気が魅力的でわたし的に注目! ノーブル,と云っても古典の王子よりアルマンやレンスキーを是非観てみたい、と思いました。

17/07/16(Sun) 21時41分16秒
はるはる


井上バレエ7月公演、行かれず残念・・T_T

17/07/15(Sat) 13時10分08秒
はるはる


昨日は夏バテ気味で >_< よれよれで帰宅し早く休んだところ・・

セザール・コラレスのプリンシパル昇格のニュースが!
おめでとうございます \(^O^)/
明日、そして明後日のアリ☆楽しみですね♪

17/07/14(Fri) 22時51分45秒
はるはる


それではみなさま、良い週末を ^^/~~~

17/07/13(Thu) 23時54分42秒
はるはる


ENB『海賊』はじまりますね!!
お出かけのみなさま、楽しまれますように。
わたしも参戦予定?!です。^^

17/07/12(Wed) 22時08分01秒
はるはる


毎日、暑いですね +_+
熱中症も心配ですし体調管理に気をつかいますね・・-_-#

17/07/11(Tue) 03時09分11秒
はるはる


sisterRAY さん

>今回も競演を楽しめました
いいですねー!^^

>中森さん
>・・小さく纏まらず伸びやか。演技も自然で・・
^^
スワニルダ、似合ってらしたでしょうね。

>中弥さん
>センスが光っていた
ちょっと違うイメージを想像していたので、おーっ?!という感じかも。^^
これから注目したいと思います。

>良くも悪くもすっきり
好対照?!
シティの『コッペリア』はこの夏、日生でも上演されるのでわたしもみられるといいのですが。

>オケはENBと同じシティフィル
ねー。ちょっと驚きました ☆o☆

>響きは相当異なり
でしたか!

お裾分けありがとうございました!!




17/07/10(Mon) 03時26分14秒
sisterRAY


はるはるさん、
ご一緒でしたか,>ENB『コッペリア』ソワレ
 
 >ロホ@スワニルダ、 スターのゲスト出演ではないのだと自分に言い聞かせつつ観ていましたが、存分に踊り廻りつつも動きに流されない工房での舞台力など、将に >別格感ありあり、でした。
>大事にならなかった
 踊り始めからトゥの立ち具合、凄かったですよね。それで上げ脚があの状態で、ですから。褒め殺しする積りはないですが、ターンアウトの深さが違うなぁ・・・と溜息が出ました。
>エルナンデス@フリッツ、
 スポーツ的な印象もありましたが、鮮やかな見せ技もこれ見よがしに浮かないで、しっかり役になっていてさすがでしたね。

今回も競演を楽しめました、昨日はシティバレエへ。

 中森さんは、インテンポで淀みなく踊り進めながら小さく纏まらず伸びやか。演技も自然で、一幕などロホより好ましいという見方もあり得る。人形振りもキャラクターダンスも十分良かったけれど、もう一歩,図々しく?魅せるのに必要なのはやはり年季,でしょうか。
 中弥さんは意外に子供っぽく見える箇所もありましたが、無理に跳び上がったりせず、振りの流れを見据えたセンスが光っていたと思います。
 春野さんが難役コッペリウスを柔らか味のあるタッチで造形していたのも印象に残っています。

 装置も衣裳も厚手,村人達の年齢層の描き方も凝っているENBに比べ、良くも悪くもすっきり、なのは予算もあるかもしれないけど、三幕で照明・衣装,コール・ドを自由に使い抽象的な舞踏空間になるのも、バレエに綺麗さを求める日本人好み,でしょうか(笑。此のディベルティスマンは‘祝宴の踊り’とするには少々無理があるのも事実ですが。
 オケはENBと同じシティフィルでしたが響きは相当異なり、弦主体で綺麗なレガートを聴かせた昨日の演奏の方がわたし的にはドリーブっぽく感じましたが、終幕はもっと盛り上げた方が良かったか等と思いました。

17/07/09(Sun) 21時08分09秒
はるはる


スクエアさんに谷バレエ『トリプル・ビル』がUPされていました。^^

17/07/08(Sat) 22時37分38秒
はるはる


ENB『コッペリア』ソワレ(ロホ&エルナンデス)行ってまいりました。^^
ロホ@スワニルダ、別格感ありあり、一人次元の違うオーラが圧倒的 ☆o☆
マイムもステップも明確で、特に強靭かつ柔軟な脚・足・あしは彼女ならではといった印象です。なので、思いがけない出来事も大事にならなかったのかも?? 
わたし的にはメドゥーラのほうがよりイメージですが、今日をみてますますみたくなりました! #都合がつかないのが残念です T_T

エルナンデス@フランツ、長い脚が綺麗に使われていて、マズルカ調の動きなども見映えがしましたし、ハイレヴェルなステップを颯爽とこなしていてブラヴォーでした。豊かで自然な表情もよかったです。^^


17/07/07(Fri) 23時26分49秒
はるはる


明日からENBですね!
お出かけのみなさま、楽しまれますように。^^


17/07/06(Thu) 02時11分36秒
はるはる


sisterRAY さん

>石神井バレエ・アカデミー『トリプル・ビル』
目茶々行きたかったので、早速お話伺えてとても嬉しいです!!
ありがとうございます。

>「パ・ド・カトル」
>・・・沖さんが素晴らしかったです。
\(^O^)/

>「一枚の絵」
こちらも豪華キャストですよね ☆o☆
どなたがどのパートなのか気になっていましたが、なるほど!

>「四季」
あー。いつも自分がみられなかった公演はとんでもなく良かったように思えるのですが、今回ばかりは被害妄想?ではないような・・・>_<
顔合わせ的にも超貴重でしたよね(泣)


17/07/05(Wed) 02時39分49秒
sisterRAY


 有難いことにバレエな日々に恵まれており連投お赦し下さい,昨晩は、石神井バレエ・アカデミー『トリプル・ビル』,楽しんで参りました。

 「パ・ド・カトル」は、カンパニー内であれ寄合いであれ、配役表を眺め四人のバレリーナが闇に浮かび上がる冒頭からわくわくさせられますが、昨夜のはわたし的にも理想のキャスティング。意地の張り合いなどおよそ感じさせないしっとりした纏まりの裡に各々の色を薫らせるベテランに伍し、実に可愛らしく上体をコントロールしながら溌剌たる脚捌きを見せた沖さんが素晴らしかったです。都さんがチラッとでも煽ったら皆さんどういう風になったか、と育ちの悪い欲も覚えたりもしましたが(笑

 中幕「一枚の絵」、広い肩に長い脚,高岸さんの後姿が若い!もちろん後ろだけではなく(笑、シャツを濡らしてエネルギッシュに動きながら男の子っぽい洒落気が如何にも高岸さん,でした。
 浅田/秋元両王子の競演も嬉しい限り。焦点化の速い動きでクールにキメる浅田さんに対し、相当きこしめして御登壇(という設定)の秋元さんはキャラ色を散りばめた奔放さで懐の深さを見せてくれました。

 「四季」では、アカデミーの綺麗どころを従えた池本さんが、ボーリング球大のゴムボールが正確な軌跡で弾むような大技連発で沸す見事な先発振り。
 トリ演目モードが出来上がった処で、秋元さんが一つひとつの動きを鄭重に際立たせながらリズム感が途切れないダンスを紡ぎ、西田さんは随分大人し目な印象でしたが、僅かに音を外すグリッサードで魅せる辺りの旨さは健在でした。
 灯を落とした中、息の長いムーヴでドラマを感じさせる酒井さん,酒井さんにこう出られたら出しゃばることはまず誰も出来ないでしょうが、浅田さんは一歩二歩引きながら滑らかな酒井さんの舞を裏打ちしていく。とても結構なサポートでした
 舞台が賑やかになって高岸さんの2メートルリフトに凛と乗る都さんが登場。飾らない振りに明瞭で穏やかなダンスが映えるのですが、裏返るターンの茶目っ気,渋い紅のお召しから白い脚の覗かせ方,功成り名遂げた人の余裕というには少々魅力的すぎるものでした。

17/07/04(Tue) 02時27分10秒
はるはる


sisterRAY さん

>谷バレエ『コンテンポラリーダンス・トリプルビル』(ソワレ)
に、お出かけでしたか! うらやましい!!

>「セクエンツァ」
>・・・色彩感がありテンポも快調
でしたか!

>必ずや御贔屓を見つけたに違いない
それは、ホントに >なにより素晴らしい ですね!!
わたしも見つけたかったです!!

>柳本さんの「Nontanz」
>・・その際どいタッチを見事に具現してみせたのは流石に谷バレエ
^^

>「ペシュ」、
>・・・高部さん、尾本さん・伊藤さん・樋口さん。
スゴイ!☆o☆

>バレエ団一押しの美貌の次期プリマ:山口さん
^^

>音感といい表情付けといい未だに高部さんに及ぶ人はいない
芸監でのご活躍も楽しみですが、やっぱり踊られるところもみたいです!!
(以前、いいのはわかりきっているので、あえて彼女が主演でない日に友達を誘ったところ、『えっ?昨日、高部さんだったの?? なんでー?? チケットぜんぜんなかったとか??』と、『信じられない』という顔をされたことを思い出しました・・^^;;)

ありがとうございました!

17/07/03(Mon) 03時46分34秒
sisterRAY


 昨日は谷バレエ『コンテンポラリーダンス・トリプルビル』(ソワレ)、行って参りました。

 幕開けにいきなり長尺の「セクエンツァ」、島地さんだけあって完全にフォーサイス流ですが、ダンスというより演武/組手のようなフランクフルト以降の師の作風とは異なり色彩感がありテンポも快調。なにより素晴らしいのは若手中心の11人の個性を鮮やかに写していたことで、彼(女)等を四羽なりキトリの友人なり宮廷の道化やカヴァリエとして観ていない観客でも必ずや御贔屓を見つけたに違いない,という舞台でした。

 柳本さんの「Nontanz」は、青春系,というか男女混合コンドルズと云っても許してもらえるかもしれない造りですが、冒頭から不穏なモードが見え隠れし噎せ返るような精を放って終わる、その際どいタッチを見事に具現してみせたのは流石に谷バレエ、と思いました。

 トリの「ペシュ」、殆どの観客が伝説としてしか知らない舞姫:谷桃子その人をテーマとする作品をポップ畑の広崎さんに委ねたのにはしてやられた思い。レトロな少女趣味から一転SFチックな終末幻想へ、振りも音楽も照明も将にクリシェですが、時空の狭間の迷子のような少女、シンデレラの継母と姉妹或いはエルダとノルンの様な3人が、高部さん、尾本さん・伊藤さん・樋口さん。転倒を繰り返す少女を尻目に涼やかに駆け抜けるのはバレエ団一押しの美貌の次期プリマ:山口さん、誰の救いにもならない赤い靴を抱えて右往左往する無能なコッペリウスといった役処に赤城さんという反則キャスティング(笑。「自分が出ることになるとは・・・」と発言されていた新芸監ですが、音感といい表情付けといい未だに高部さんに及ぶ人はいない、と感嘆せずにはいられませんでした。

17/07/03(Mon) 00時52分46秒
はるはる


東バ『バヤ』、結局、わたしは行かれなかったのですが(泣)
2日、川島さんが怪我のため(心配です・・)ガムザッティは奈良さんが踊られたそうですね。


17/07/02(Sun) 02時59分18秒
はるはる


sisterRAY さん

>東バ『バヤ』初日
早速ありがとうございます!!

>上野さん@ニキヤ
>優しく繊細なヒロイン像
>婚約式の舞は全編の白眉
おーっ!!☆o☆

>「影」・・・マネージュやコーダでの大きさ,華やかさは上野さんならでは。
ラインも恵まれてますし、鮮やかに映える様子が目に浮かぶようです!^^
#って、わたしの拙い想像よりずっと綺麗だと思いますが・・^^;;

>カマルゴ@ソロル
>ストレートで正統的
>ジュテも豪快というより端正な印象が勝つ。
でしたか!! ちょっと意外(?!)な気も ^v^

それでも
>空中に定規で線を引いたようなザンレール,
>宙を踏むような独特の脚運び
見事だったでしょうね!!

>苦悩も後悔も一心に秘めて・・
なるほど! 
>興味深い
ですね!!

>奈良さんのガムザは手の内に入っていて
^^
>ニキヤを観る機会が欲しい
ですね!!

>宮川さん@ブロンズアイドル
>入戸野さんのマグダヴェーヤ
良かったでしょうね!!

>「影」のコール・ド・・珠玉の逸品
>・・・主役の好演をカンパニーがしっかりと支えた舞台
充実ですねー。^^

ちゃっかり(?!)みた気分になりました ^^ゞ
ありがとうございます!!

17/07/01(Sat) 03時23分32秒
sisterRAY


観て参りました、東バ『バヤ』初日。

 上野さん@ニキヤはますます角が取れて豊かで柔らか。大僧正の横恋慕に対しても拒絶というより懇願に近い印象で、優しく繊細なヒロイン像が冒頭で見事に描き出されていました。
 婚約式の舞は全編の白眉で、件のポーズは頭頂が真下を向くほど反りながら無理が全く無く、しなやかに晒される顎から喉のラインは哀しいまでに美しい。此処は私が観たなかでは最高の出来だったと思います。
 「影」では殊更に精神的な趣を強調せずゆとりを以て踊り、マネージュやコーダでの大きさ,華やかさは上野さんならでは。古典としては上野さんの代表作といっていい充実したニキヤでした。

 カマルゴ@ソロル、何をやらかしてくれるかという邪な期待も多少あったのですが(笑、ストレートで正統的。長身なだけに大技の栄えは抜群ですが大きなジュテも豪快というより端正な印象が勝つ。真っ直ぐでも斜めでも空中に定規で線を引いたようなザンレール,見せることに全く神経を使っていないかのようなトリッキーな挟み技の鮮やかさにもまして、(私の語彙ではうまく表現できないのですが)ステップを紡ぐときの宙を踏むような独特の脚運びが印象的でした。
 冒頭ではニキヤに逢いたい心持を明確に見せたものの、後は抑えて、苦悩も後悔も一心に秘めて諦念の裡に滅びるかのようなソロル,これはこれで興味深い役作りと思いました。

 奈良さんのガムザは手の内に入っていて、対決場は運びが速い気もしましたが二人とも踊り込んでいるだけに間然とするところがない。あくまで上から目線を崩さない辺りは特徴的な造形でしょう。
 PdDはきっちり踊られていましたが終幕ソロの方が良いのが奈良さんの芸質で、ニキヤを観る機会が欲しいものです。

 宮川さん@ブロンズアイドル、演奏がピリッとしなかったのが気の毒でしたが、スケールも細かな技の冴えも見事なもので、大きなブラヴォーが飛んでいました。
 入戸野さんのマグダヴェーヤも長い腕を使って特徴的な振付を存分に見せカテコに至るまで活躍(笑。芸達者,と言うと語弊がありますが、その存在感は頼もしいものでした。
 「影」のコール・ドは何時もながらというレベルを超えた珠玉の逸品、ヴァリエーションも三者三様に上々の出来、主役の好演をカンパニーがしっかりと支えた舞台でした。