電気事業法の規定に基づく電気主任技術者の資格に関する省令

                      (昭和40年6月15日 通産省令第52号)
                (最終改正平成7年10月18日 通商産業省令第84号)
     〔改正 昭42省令53・昭45省令1・昭46省令12・昭48省令67・昭49省令87・
   昭53省令25・昭59省令17・昭59省令84・平元省令42・平2年省令26・平5省令60〕

             第1章 主任技術者の資格等

(学歴又は資格及び実務の経験の内容)
第1条 電気事業法(昭和39年法律第170号)第44条第2項第一号の通商産業省令で定める
学歴又は資格及び実務の経験は,次の表の左欄に掲げる主任技術者免状の種類に応じて,
それぞれ同表の中欄及び右欄に掲げる通りとする.
┌─────┬─────────────┬────────────────┐
│     │             │    実務の経験       │
│免状の種類│   学歴又は資格    ├───────┬────────┤
│     │             │ 実務の内容 │ 経験年数   │
├─────┼─────────────┼───────┼────────┤
│第1種電気│一 学校教育法(昭和22年法 │電圧5万V以上の│卒業前の経験年数│
│主任技術者│ 律第26号)による大学(短期│電気工作物の工│の2分の1と卒業 │
│免状   │ 大学を除く.以下同じ.) │事,維持又は運 │後の経験年数との│
│     │ 若しくはこれと同等以上の│用      │和が5年以上   │
│     │ 教育施設であって,通商産 │       │        │
│     │ 業大臣の認定を受けたもの│       │        │
│     │ の電気工学に関する学科に│       │        │
│     │ おいて,第7条第1項各号の │       │        │
│     │ 科目を修めて卒業(大学院 │       │        │
│     │ においては修了.以下同じ.│       │        │
│     │  )した者        │       │        │
│     │二 一に掲げる者以外の者で│電圧5万V以上の│第2種電気主任技│
│     │ あって,第2種電気主任技 │電気工作物の │術者免状の交付を│
│     │ 術者免状の交付を受けて │工事,維持又は │受けた後5年以上 │
│     │ いる者         │運用     │        │
├─────┼─────────────┼───────┼────────┤
│第2種電気│一 学校教育法による大学若│電圧1万V以上の│卒業前の経験年数│
│主任技術者│ しくはこれと同等以上の教│電気工作物の │の2分の1と卒業 │
│免状   │ 育施設であって,通商産業 │工事,維持又は │後の経験年数との│
│     │ 大臣の認定を受けた者の電│運用     │和が3年以上   │
│     │ 気工学に関する学科におい│       │        │
│     │ て,第7条第1項各号の科目│       │        │
│     │ を修めて卒業した者   │       │        │
│     │二 学校教育法による短期大│電圧1万V以上の│卒業前の経験年数│
│     │ 学若しくは高等専門学校又│電気工作物の │の2分の1と卒業 │
│     │ はこれらと同等以上の教育│工事,維持又は │後の経験年数との│
│     │ 施設であって,通商産業大 │運用     │和が5年以上   │
│     │ 臣の認定を受けた者の電気│       │        │
│     │ 工学に関する学科において│       │        │
│     │ 第7条第1項各号の科目を修│       │        │
│     │ めて卒業した者     │       │        │
│     │三 一及び二に掲げる者以外│電圧1万V以上の│第3種電気主任技│
│     │ の者であって,第3種電気 │電気工作物の │術者免状の交付を│
│     │ 主任技術者免状の交付を受│工事,維持又は │受けた後5年以上 │
│     │ けている者       │運用     │        │
├─────┼─────────────┼───────┼────────┤
│第3種電気│一 学校教育法による大学若│電圧500V以上の│卒業前の経験年数│
│主任技術者│ しくはこれと同等以上の教│電気工作物の │の2分の1と卒業 │
│免状   │ 育施設であって,通商産業 │工事,維持又は │後の経験年数との│
│     │ 大臣の認定を受けた者の電│運用     │和が1年以上   │
│     │ 気工学に関する学科におい│       │        │
│     │ て,第7条第1項各号の科目│       │        │
│     │ を修めて卒業した者   │       │        │
│     │二 学校教育法による短期大│電圧500V以上の│卒業前の経験年数│
│     │ 学若しくは高等専門学校又│電気工作物の │の2分の1と卒業 │
│     │ はこれらと同等以上の教育│工事,維持又は │後の経験年数との│
│     │ 施設であって,通商産業大 │運用     │和が2年以上   │
│     │ 臣の認定を受けた者の電気│       │        │
│     │ 工学に関する学科において│       │        │
│     │ 第7条第1項各号の科目を修│       │        │
│     │ めて卒業した者     │       │        │
│     │三 学校教育法による大学若│電圧500V以上の│卒業前の経験年数│
│     │ しくはこれと同等以上の教│電気工作物の │の2分の1と卒業 │
│     │ 育施設であって,通商産業 │工事,維持又は │後の経験年数との│
│     │ 大臣の認定を受けた者の電│運用     │和が3年以上   │
│     │ 気工学に関する学科におい│       │        │
│     │ て,第7条第1項各号の科目 │       │        │
│     │ を修めて卒業した者   │       │        │
└─────┴─────────────┴───────┴────────┘