電気事業法条文の抜粋

                              第三章 電気工作物
                                 第一節 定義

第三十八条
この法律において「一般用電気工作物」とは、次に掲げる電気工作物をい
う。ただし、小出力発電設備以外の発電用の電気工作物と同一の構内(これに
準ずる区域内を含む。以下同じ。)に設置するもの又は爆発性若しくは引火性
の物が存在するため電気工作物による事故が発生するおそれが多い場所であつ
て、通商産業省令で定めるものに設置するものを除く。
 一 他の者から通商産業省令で定める電圧以下の電圧で受電し、その受電
の場所と同一の構内においてその受電に係る電気を使用するための電気工
作物(これと同一の構内に、かつ、電気的に接続して設置する小出力の発
電設備を含む。)であつて、その受電のための電線路以外の電線路により
その構内以外の場所にある電気工作物と電気的に接続されていないもの
 二 構内に設置する小出力発電設備(これと同一の構内に、かつ、電気的
に接続して設置する電気を使用するための電気工作物を含む。)であつ
て、その発電に係る電気を前号の通商産業省令で定める電圧以外の電圧で
他の者がその構内において受電するための電線路以外の電線路によりその
構内以外の場所にある電気工作物と電気的に接続されていないもの
 三 前二号に掲げるものに準ずるものとして通商産業省令で定めるもの
2
前項において「小出力発電設備」とは、通商産業省令で定める電圧以下の電
気の発電用の電気工作物であつて、通商産業省令で定めるものをいうものとす
る。
3
この法律において「事業用電気工作物」とは、一般用電気工作物以外の電気
工作物をいう。
4
この法律において「自家用電気工作物」とは、電気事業の用に供する電気工
作物及び一般用電気工作物以外の電気工作物をいう。





1,一般用電気工作物とは:
 1)600V以下の電圧で受電するもの
 2)受電のための電線路以外の電線路によりその構内以外の
   場所にある電気工作物と電気的に接続されていないもの
 3)小出力発電設備の電気工作物を同一構内に有するもの
   小出力発電設備とは
   ・太陽電池発電設備は,出力20kW未満
   ・風力発電設備は,出力20kW未満
   ・水力発電設備は,出力10kw未満
   ・内燃力を原動機とする火力発電設備は,出力10kw未満
2,事業用電気工作物とは,一般用電気工作物以外の電気工作物を言う.
3,自家用電気工作物とは,電気事業用に供する電気工作物及び
  一般用電気工作物以外の電気工作物を言う.