若月先生の願書解説(その3)です



平成10年度

第20回エネルギー管理士試験

受験案内

試験日:平成10年8月1日(土),8月2日(日)

願書受付期間:平成10年6月1日(月)〜6月15日(月)

(6月15日の消印まで有効。願書の受付は郵送に限られています。願書および払込用紙, 封筒を使用し,簡易書留で郵送して下さい)

1。エネルギー管理士試験制度の概要

 (1)「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネルギー法)では,大口の  エネルギー使用工場はエネルギー管理指定工場に指定され,これらの工場は  エネルギーの使用量に応じてエネルギー管理士免状の交付を受けている人の  うちから1人ないし4人のエネルギー管理者を選任しなければならないことになっています

 (2)エネルギー管理士試験の受験に際して資格はいりません。どなたでも受けられ ます。ただし,合格して通産産業大臣からエネルギー管理士免状の交付を受ける際 に1年以上の実務経験が必要となります。(この実務経験は,試験を受ける前に経験 していても,合格後に経験してもどちらでも差し支えありません。)

 (3)財団法人省エネルギーセンターは,昭和59年4月18日に通商産業大臣から「エ ネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づく唯一の指定試験機関としてエネル ギー管理士試験の実施に関する事務を行っております。

2.試験実施機関

(「エネルギーの使用の含理化に関する法律」に基づく指定試験機関)

 財団法人省エネルギーセンター 〒104−0032 東京都中央区八丁堀3−19−9

                電話03−5543−3019

3.エネルギー管理士試験の内容

 (1)試験の区分

  ・ 熱管理士試験

  ・ 電気管理士試験

 (2)試験の日時,試験課目及び時間割

 試験の日時,試験課目及び時間割は,第1表,第2表のとおりです。

 第1表 熱管理士試験

 

平成10年8月1日(土)

9時〜10時30分
(90分)
熱管理概論並びに法及び法に基づく命令
10時50分〜12時20分
(90分)
熱利用設備等(ボイラー及びその関連設備,蒸

気原動機,蒸気輸送・貯蔵・ドレン回収装置

,工業炉,蒸留装置,蒸発,濃縮装置,乾燥

装置,加熱装置,熱交換器,乾留・ガス化装

置,冷凍・空気調和設備,内燃機関,ガスタ

ービン並びに熱設備材料に限る。)

13時30分〜15時

(90分)

熱力学

平成10年8月2日(日)

9時〜10時30分

(90分)

伝熱及び流体の流れ
10時50分〜12時20分

(90分)

燃料概論及び燃料試験方法,燃焼理論及び燃焼

計算並びに燃焼方法及び燃焼装置

3時30分〜15時

(90分)

計測及び制御

第2表 電気管理士試験

 

平成10年8月1日(土)

9時〜10時30分

(90分)

電気管理概論並びに法及び法に基づく命令

10時50分〜12時20分

(90分)

電気加熱,電気化学,照明及び空気調和

13時30分〜15時

(90分)

電気理論及び制御理論

 

平成10年8月2日(日)

9時〜10時30分

(90分)

工場配電
10時50分〜12時20分

(90分)

電気機器
13時30分〜15時

(90分)

電動力応用

 

 (3)受験資格

 受験資格の制限はありません。

 (4)試験の方法

 試験は筆記試験です。

 (5)出願に必要な書類等

 ・エネルギー管理士試験受験願書 (写真貼付)

 ・(受験料) 払込受付証明書

 

4.試験地及び試験会場

 

試験地  札幌市

試験会場 北海道経済センター 札幌市中央区北1条西2−2 北海道経済センタービ

 

試験地  仙台市 

試験会場 東北電子計算機専門学校 仙台市青葉区花京院1−3−1

 

試験地  東京都

試験会場 中央大学理工学部 東京都文京区春日1−13−27

 

試験地  名古屋市

試験会場 名古屋工学院専門学校 名古屋市熱田区神宮4−7−21

 

試験地  富山市 

試験会場 冨山県中小企業研修センター 富山市赤江町1−3

 

試験地  大阪市

試験会場 大阪学院大学 吹田市岸部南2−36−1

 

試験地  広島市

試験会場 中国電子計算機専門学校 広島市南区比治山本町16−35

 

試験地  高松市

試験会場 四国電力(株) 総合研修所 高松市屋島西町1850−1

 

試験地  福岡市

試験会場 九州大学工学部 福岡市東区箱崎6−10−1

 

試験地  那覇市

試験会場 自治会館 那覇市旭町14

 

5.受験手数料

 

 (1) 受験手数料

受験手数料は19,200円です。(消費税は非課税です。)

 (2) 受験手数料納付方法

 ・ 省エネルギーセンターへの直接送金はできませんので注意してください。

 ・ 受験手数料は,指定の払込用紙(とじ込み用紙)により,郵便払込み又は銀行

払込みをして下さい。

 ・ 郵便口座番号・銀行口座番号等は,指定払込用紙(とじ込み用紙)に印刷済み

です,なお,払込手数料は振込人の負担です。

 ・ 一度払い込まれた受験手数料については返却いたしません。

 ・ 受験手数料の払い込み期日は受験願書の受付期間以前でも差し支えありませ

ん。

 ・ 申込者1名につき,必ず1枚の払込用紙を使用して下さい。

 (3) 払込用紙記籔についての注意箏項

 ・ 5枚綴りの払込用紙に,かい書で正確にボールペン等で記入してください。記

載事項を訂正した場含は,その箇所に押印してください。

 ・ 5枚綴りの払込用紙のうち,銀行又は郵便局から返却された払込受付証明書

(※印)を受験願書の受験料払込受付証明書貼付欄に貼付してください。

 ・ 領収書は,郵便振替払込金受領証(振込領収書)で代えさせていただきます。

それ以外の領収書は発行いたしませんのでご了承ください。

 

6.試験を受けるための手続き及び試験合格者の発表等

 

 

 (1) 受験願書の受付

 ・ 受付期間

 平成10年6月1日(月)から平成10年6月15目(月)までです。

受付期間内の消印のあるもの(料金別納郵便,料金後納郵便にあっては受付期間内に

到着したもの)に限り受け付けます。

 ・ 受験申込の方法

 受験の申込は郵送に限ります。

 この際紛失等の事故を防止するため,所定の封筒を使用し,書留で郵送してくだ

さい。

 ・ 申込先

 財団法人省エネルギーセンター 〒104−0032 東京都中央区八丁堀3−19−9

 電話 03−5543−3019

 ・ 願書不備等の扱い

 受験願書は,

 (イ) 記載に不備がある場合

 (ロ) 写真が貼付されていない場合(不鮮明の場合を含む)

 (ハ) 所定の手数料が未納の場合

には,受理せずに不備書類として返送します。補正後の再提出は別に定められた期

間内に行ってください。

 (2) 受験票の送付

 ・ 受験票は,7月上旬に受験願書の現住所あてに郵送します。(試験会場案内図

記載)

 ・ 7月17日(金)までに受験票が到着しない場合は,申込先に必ず間い合わせてく

ださい。

 ・ 受験票を郵送した後は,試験区分,試験地の変更は認めません。

 (3) 受験票の取扱い

 ・ 受験票が到着したときに,試験区分,受験地,試験期日を必ず確認してくだ

さい。特に,受験地については,事前に市販の地図等により,所在地や道順などを

十分確認してください。

 ・ 受験票は大切に保存し,試験当日必ず持参してください。受験票を持参しな

い場合には受験できないことがあります。

 ・ 試験に関する一切の事務処理は受験番号に基づいて行いますので,受験番号

は必ず別に控えておいてください。

 ・ 合格者の発表は受験番号で行われますので,試験終了後も受験票を保存して

ください。

 (4) 試験の合否については,10月下旬に官報公示並びに受験者に合否通知書を送

付します。

 (5) 試験合格証の交付

 ・ 合格者に対しては,試験合格証を交付します。

 ・ 免状交付申請の際,合格証番号が必要になりますので大切に保存してくださ

い。

 

7.受験願書等の作成要領

 

 (1) 受験原書作成に当たっての注意事項

 ・ 受験願書はとじ込んであります。

 ・ 受験願書は次の注意事項及び前頁記載例を参照のうえ,作成してください。

特に,記入漏れや間違いのないように注意してください。

 ・ 記入に際しては黒インキ又は黒ボールペンを使用し,かい書で正確に書いて

ください。記載事項を訂正した場合は,その箇所に訂正印を押してください。

 (2) 「受験料払込受付証明書貼付欄」には,受験料払込証明書を貼って受験者欄

に受験者本人の名前を記入してください。

 

8.受験に当たっての注意事項

 

 (1) 係員の指示により試験開始時間の10分前までに受験票と同一番号の席に着席

してください。

 (2) 受験者は必ず受験票を携行し,受験中は机上の見やすい位置に置いてくださ

い。

 (3) 30分以上の遅刻は入室を認めません。

 (4) 筆記用具,消しゴム,電子式卓上計算機(プログラム機構及び数式記憶機能

を有するものを除く。)及び受験票以外のものは机上に置かないでください。

 (5) 試験中の私語,筆記用具等の貸借及び下敷の使用は認めません。やむを得な

い場合は係員に申し出て,その指示に従ってください。

 (6) 答案用紙は解答不能の場合でも問題番号,生年月日,受験地,受験番号を記

入し,必ず提出してください。

 (7) 問題の内容に関する質問には一切お答えしません。印刷不良の部分について

のみ質問に応じます。

 (8) 計算問題は解答の過程を必ず明記してください。

 (9) 試験開始後30分間及び試験終了前10分間は,退室を認めません。

 (10) 問題用紙は持ち帰ってください.

 (11) 試験中は喫煙を認めません。喫煙は指定された場所以外は禁止いたします。

 (12) 自家用車での試験会場への乗り入れ,駐車はできません。

 (13) 試験当日は土・日曜日ですから,試験会場付近の飲食店等は休業している

場合が多いと予想されますので,昼食を持参された方がよいと思われます。なお,

昼食は午前の試験終了後に試験室内で済ますことは差し支えありません。

 (14) 台風等天候その他により試験会場への交通が乱れることもありますので,

事前に十分ご配慮ください。

 

 

┏━━━━━┓
┃官報公示 ┃   試験の実施に関する事項が官報に公示されます。
┃(願書配布)┃
┗━━━━━┛
   ↓
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃  受験申込      ┃ 期限内消印有効。郵送により受付ます。
┃6月1日(月)〜6月15日(月) ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━┓      
┃受験票の送付┃
┃   7月上旬  ┃
┗━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━┓
┃試験の実施            ┃ 指定試験機関である財団法人省工エネルギー
┃8月1日(土)〜8月2日(日)┃ センターが試験事務を行います。
┗━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━┓   試験に含格した者の受験番号が官報に公示されます。また
┃合格発表┃  受験者全員に財団法人省エネルギーセンターから合否通知
┃10月下旬┃   書が送付されます。
┗━━━━┛
┏━━━━┓    財団法人省エネルギーセンターから試験合格者に対し,
┃ 合格証 ┃  合格書が交付されます.(免状交付申請の際合格証番号
┃10月下旬┃  が必要になります)
┗━━━━┛
┏━━━━━━━━┓   免状の交付を受けようとするものは,エネルギー
┃エネルギー管理士┃  管理士免状交付申請書住所地を管轄する適商産
┃免状の申請      ┃   局長を経由して通商産業大臣に提出することが
┗━━━━━━━━┛   必要です。
┏━━━━┓       
┃  免状  ┃
┗━━━━┛